こんにちは!

元ソフトバンク店員で、現在のラスベガス在住のマーク(@rasubegasu_)です。

 

今回はラスベガスでのスマホSIMの選び方について実体験をもとに紹介します。

 



【ラスベガス】スマホSIMシム選びは大切!

まず最初にラスベガスは土地柄インターネット・サービスの品質はよくありません。

カジノホテルでWiFiサービスがありますが、あまりの人の多さで電波を取り合いスピードが遅いです。

 

あらかじめ自分専用のネット環境を整えることを強くオススメします。

 

 

ラスベガス市内利用のSIMはT-MobileでOK

 

ラスベガス市内、ストリップやダウンタン、アウトレットモールなど街の中限定の旅行であれば、

アメリカ大手キャリアの電波が使えるSIMカードで大丈夫です。

 

アメリカ大手キャリア4社

 

 

ベライゾン、AT&T、Sprint、T-Mobile。4社の中でも、料金が安くスピードも速いT-MobileのSIMカードが一番のオススメです。

特に最近ではT-Mobileの業績が良く、ラスベガスストリップにも大型店舗が出現したり、会社名がつけれた大型アリーナがオープンしました。

 

 

ちなみに、大手4社以外のキャリアに関しては接続が不安定になりやすく

スピードもまばらでラスベガスではオススメしません。

 

▽ラスベガスストリップ、ダウンタウン市内での利用はT-Mobileでしっかり繋がります。

 

グランドキャニオンへ行く場合はベライゾンかAT&T

 

ラスベガスに観光で訪れる人の多くは、グランドキャニオンなどの大自然観光に行きます。

ラスベガス市内とは違い、砂漠続きの道中では一部のキャリアしかインターネットがつながりません

 

最近では車で移動するツアーが流行っています。ツアースケジュールのほとんどが移動中の車内です。

この移動時間にインターネットがつながるかどうかでツアーの満足度に大きく影響します。

 

「ツアーの移動時間8時間以上はザラだよ〜」

 

 

そこでSIMカードを選ぶ場合はベライゾンAT&Tのどちらかにしてください。

この2大キャリア以外はほぼ圏外で使い物になりません。(T-Mobileは郊外に弱いので注意です!!)

 

また2大キャリアを選んでも、すべてのエリアでつながるわけではないのでご注意ください。

あくまでつながるエリアが他社と比べて圧倒的に広いということになります。

 

▽グランドキャニオンやアンテロープキャニオンにも行く方はAT&TのSIMで安心です。

 

スマホSIMとWiFiルーターどっちがお得?

スマホSIMのメリットとデメリット

 

スマホSIMメリット

  • スマホ1台で完結。手荷物が減る。

 

スマホSIMデメリット

  • SIMフリースマホが必須。
  • 最初だけ設定が必要

 

WiFIルーターのメリットとデメリット

WiFiルーターのメリット

  1. 設定がカンタン
  2. タブレットやPC、友人のスマホなど複数台接続が可能
  3. データ使用量が安い

 

WiFiルーターのデメリット

  1. WiFiルーターのバッテリー切れに注意しないといけない。
  2. 充電コード・予備バッテリーなどの手荷物が増える。

 

ラスベガスSIM選びまとめ

  1. 自然観光に行かない人はT-MobileのSIMでOK
  2. グランドキャニオンに行く人はベライゾンAT&TのSIM
  3. コスパ&設定が面倒な人はWiFiルーター
  4. 手荷物が増えるのがイヤな人はスマホSIM

 

▽ラスベガスで最も安くつながりやすいレンタルWiFiはUSデータです。市内でもグランドキャニオンでもバッチリつながります!

アメリカで使えるおすすめwifiレンタル「U.S. DATA(USデータ)」とは?

 

 
 
 
アメリカ・ラスベガスでおすすめのレンタルwifi
 
コスパで選ぶのなら「USデータ」がおすすめ!
  • 4G回線が業界最安の930円
  • データが完全無制限

>>「USデータ」を覗いてみる

 

 

スポンサーリンク