こんにちは!

マーク(@rasubegasu_)です。

 

2017年1月からMGMグループをかわぎりにシーザーズエンターテイメント、

そして2018年4月からプレミアム・アウトレットノースまで

 

ラスベガスの駐車場がどんどん有料化に踏み切ってしまいました(涙)

 

旅行前には99%の人が気にしない滞在ホテルでの駐車料金ですが、

3日以上滞在すると駐車料金もかさんでいきます。

 

今回は車で州外から来られる、在米日本人、

駐在員の方向けに無料でホテルの駐車場を使う方法を紹介します。

 



ラスベガスは駐車場の料金がすべて無料だった…。

ほぼすべてのホテルと言っていいほど、多くのホテルの1階にはカジノが設けられ、

皆がギャンブルで使うお金でホテルは儲かっていました。

 

カジノで大金を使ってもらえるよう、

遠方からも足を運んでもらえるよう豪華な内装なのに宿泊代も安く、駐車料金も無料。

 

これがラスベガスのカジノホテルでしたが、最近ではカジノで遊ぶ人が減っているのか、

大金持ちがよそのカジノに行ってしまったのかカジノ収益が下がっていると言われています。

 

そこで収益改善のため数年前からリゾートフィー(部屋代とは別枠にWiFi利用料などの請求)の導入、

駐車場の有料化がラスベガスでおきています。

 

駐車場の料金一覧

 

MGMグループ

ホテル名(A〜Z)Self-Parking(料金)Valet-Parking
Aria0~60分(無料)0~2時間($21)
(アリア)1~2時間($9)2~4時間($24)
 2~4時間($15)4~24時間($30)
 4~24時間($18) 
Bellagio0~60分(無料)0~2時間($21)
(ベラージオ)1~2時間($9)2~4時間($24)
 2~4時間($15)4~24時間($30)
 4~24時間($18) 
Circus Circus24時間(無料)0~2時間($12)
(サーカスサーカス) 2~4時間($14)
  4~24時間($16)
Delano0~60分(無料)0~2時間($16)
(デラーノ)1~2時間($9)2~4時間($18)
 2~4時間($12)4~24時間($24)
 4~24時間($15) 
Excalibur0~60分(無料)0~2時間($12)
(エクスカリバー)1~2時間($6)2~4時間($14)
 2~4時間($8)4~24時間($16)
 4~24時間($10) 
Luxor0~60分(無料)0~2時間($12)
(ルクソール)1~2時間($6)2~4時間($14)
 2~4時間($8)4~24時間($16)
 4~24時間($10) 
Mandalay Bay0~60分(無料)0~2時間($16)
(マンダレイ ベイ )1~2時間($9)2~4時間($18)
 2~4時間($12)4~24時間($24)
 4~24時間($15) 
MGM Grand 0~60分(無料)0~2時間($16)
 (MGMグランド)1~2時間($9)2~4時間($18)
 2~4時間($12)4~24時間($24)
 4~24時間($15) 
Mirage0~60分(無料)0~2時間($16)
(ミラージュ)1~2時間($9)2~4時間($18)
 2~4時間($12)4~24時間($24)
 4~24時間($15) 
New York New York0~60分(無料)0~2時間($16)
(ニューヨークニューヨーク)1~2時間($9)2~4時間($18)
 2~4時間($12)4~24時間($24)
 4~24時間($15) 
Park MGM0~60分(無料)0~2時間($16)
(パークMGM)1~2時間($9)2~4時間($18)
※ 旧モンテカルロ2~4時間($12)4~24時間($24)
 4~24時間($15) 

ホテルの駐車料金表  2019年 5月2日現在

 

シーザースエンターテインメント

 

ホテル名(A〜Z)Self-ParkingValet-Parking
Bally’s0~60分(無料)0~4時間($15)
(バリーズ)1~4時間($9)4~6時間($20)
 4~24時間($12)6~24時間($24)
Caesars Palace0~60分(無料)0~4時間($18)
(シーザース パレス)1~4時間($12)4~6時間($23)
 4~24時間($15)6~24時間($30)
Cromwell0~60分(無料)0~4時間($15)
(クロムウェル)1~4時間($9)4~6時間($20)
 4~24時間($12)6~24時間($24)
Flamingo0~60分(無料)0~4時間($15)
(フラミンゴ)1~4時間($9)4~6時間($20)
 4~24時間($12)6~24時間($24)
Harrah’s0~60分(無料)0~4時間($15)
(ハラーズ)1~4時間($9)4~6時間($20)
 4~24時間($12)6~24時間($24)
LINQ0~60分(無料)0~4時間($15)
(ザ リンク)1~4時間($9)4~6時間($20)
 4~24時間($12)6~24時間($24)
Paris0~60分(無料)0~4時間($15)
(パリス)1~4時間($9)4~6時間($20)
 4~24時間($12)6~24時間($24)
Planet Hollywood無料0~4時間($15)
(プラネットハリウッド)無料4~6時間($20)
 無料6~24時間($24)
Rio(リオ)無料無料

ホテルの駐車料金表  2019年 5月2日現在

 

ご覧の通り、1時間を超えるとなかなか高額な駐車料金が発生してしまいます。

レストランやショー目的だけによる数時間のパーキングも例外なく駐車料金を払わなくてはいけません。

自分の泊まるホテルぐらい無料にしてほしいものですが。

 

その他ストリップエリアのホテル駐車料金

ホテル名(A〜Z)Self-ParkingValet-Parking
Cosmopolitan0~60分(無料)0~4時間($15)
(コスモポリタン)1~4時間($10)4~24時間($20)
 4~24時間($15) 

ホテルの駐車料金表  2019年 5月2日現在

 

 

駐車場無料のホテル

ホテル名(A〜Z)Self-ParkingValet-Parking
Circus Circus無料0~2時間($12)
(サーカスサーカス) 2~4時間($14)
  4~24時間($16)
Encore 無料  0~2時間($21)
(アンコール)  2~4時間($24)
   4~24時間($30)
Hard Rock Hotel (ハードロック)無料無料
Palazzo(パラッツォ)無料無料
Planet Hollywood無料0~4時間($15)
(プラネットハリウッド)無料4~6時間($20)
 無料6~24時間($24)
Rio(リオ)無料無料
SLS無料無料
Stratosphere(ストラトスフィア-)無料無料
Treasure Island(トレジャーアイランド)無料無料
Tropicana(トロピカーナ)無料無料
Westin(ウエスティン)無料無料
Venetian(ヴェネチアン)無料無料
Westgate (ウエストゲート)無料無料
Wynn( ウィン)無料0~2時間($21)
  2~4時間($24)
  4~24時間($30)

ホテルの駐車料金表  2019年 5月2日現在

 

ラスベガス駐車場の料金を無料にする方法

 

駐車料金をタダにする方法、それは系列ホテルのクレジットカードを作ることで解決します。

 

クレジットカードの特典として、カジノのリワーズカードが同時に発行されます。

このカードに無料の駐車サービスが付帯しています。

 

 

リワーズカード(Rewards Card)とは?

リワーズカードとはカジノで使えるポイントカードのことです。

スロットマシーンでも、テーブルゲームでも

 

ゲームを始める前にカードを機会に挿入、提示することでカジノで使ったお金が計算されます。

 

仮にゲームで大負けしても使ったお金が多い分、ポイントがたまり、レストラン無料。

部屋代無料のサービスがついてきます。

 

誰でもこのカードは発行できますが、ランク分けされており、

一番最初のステータスでは無料駐車サービスはついていません。

 

ただし、ホテルでクレジットカードを発行すると同時に無料駐車サービスのついた

リワーズカードに最初からランクアップしてくれるのです。

 

「つまり、在米日本人が有料駐車場を無料化する方法は2択です。」

「カジノやショーでお金を使いリワードカードのステータスを上げるorクレカを作り最初からステータスの保証されたリワードカードを手にする。」

 

無料駐車サービスがついたクレジットカード発行方法

 

無料駐車サービスがあるクレジットカードは主に2つです。

 

M Life Rewards Mastercard(MGMグループ)

Total Rewards Visa Credit Card(シーザースエンターテイメント)です。

 

ラスベガスのカジノホテルはこの大手ホテル会社による2強です。

宿泊者の大半がどちらかの系列ホテルに滞在することが多いです。

 

宿泊するホテルのリワーズカードのカウンターで発行できます。

 

クレジットカードは後日郵送で自宅に届きますが、リワーズカードはその場でもらえるので駐車料金はその瞬間からタダになります。

 

注意点としては通常のクレジットカードの発行と同じなので、アメリカ在住者でなければ発行ができません。

 

また在住者であってもクレジットスコアが低い場合や最近クレジットカードを作ったばかりであれば申請が通らないことがあります。

 

 

MGMグループホテル一覧

 

マンダレイベイ、デラーノ、ルクソール、エクスカリバー、MGMグランド、ニューヨークニューヨーク、モンテカルロ

アリア、ヴィダラ、ベラージオ、ミラージュ、サーカス・サーカス

 

シーザーズグループホテル一覧

 

パリス、プラネットハリウッド、クロムウェル、フラミンゴ、リンク、シーザースパレス、

リオ、ノブホテル、ハラーズ、バリーズ

 

クレジットカードの特徴と特典

 

M Life Rewards Mastercard(MGMグループ)

年会費無料。

M Life Rewards Card(パール)が発行され駐車料金無料

 

カードが手元に届いてから3ヶ月以内に1000ドル以上利用があると、10000ポイント付与

通常利用で1%ポイント還元。

 

ガソリンスタンド、スーパーマーケットの買い物利用で2%ポイント還元

M Life Rewards指定のサービス(売店、ショー、レストラン等)利用で3%ポイント還元

 

 

 

注意:特典などは申込み時期によって変わることがございます。申し込む際は下記リンクから改めてご確認ください。

M Life Rewards Mastercard申し込みページ

 

 

Total Rewards Visa Credit Card(シーザースエンターテイメント)

 

 

年会費無料

 

Total Rewards Card(プラチナ)が発行され駐車料金無料

カードが手元に届いてから90日以内に750ドル以上利用があると、10000ポイント付与

 

年間で10000ドル以上の利用があると、優先ラインでのホテルチェックイン、レストラン、ナイトクラブ、タクシーのサービスが受けられる。

またシーザースエンターテイメント系列ホテルでのプール利用が無料。

 

通常利用で1%ポイント還元。

航空券、ガソリンスタンド、スーパーマーケットの買い物利用で2%ポイント還元

Total Rewards指定のサービス(売店、ショー、レストラン等)利用で5%ポイント還元

 

 

注意:特典などは申込み時期によって変わることがございます。申し込む際は下記リンクから改めてご確認ください。

Total Rewards Visa Credit 申し込みページ

 

ラスベガスの無料駐車場を紹介

↑クリックで拡大。ピンク色の箇所が駐車料金無料。

  1. ストラットカジノホテル(旧名:ストラトスフィアカジノホテル)
  2. SLSラスベガス
  3. ウェストゲート
  4. サーカス・サーカスホテル(屋外のみ)
  5. トランプ・インターナショナル・ラスベガス
  6. ファッションショーモール
  7. トレジャーアイランド(T.I)
  8. ミラクルマイルショップス(プラネットハリウッド)
  9. フーターズホテル
  10. トロピカーナラスベガス

 

ラスベガス・ストリップの北側は駐車料金が発生しないホテルが多いです。

アメリカ人は駐車料金にシビア(車で来るため)なため、集客に苦しむホテルは駐車場が無料のままなのかもしれません。

 

ストリップの中心地はほぼ無料の駐車場がないです。どうしても無料で停めたい場合はミラクルマイルショップ(プラネットハリウッドと併設)の駐車場がおすすめです。

ベラージオなど他のホテルへのアクセスも良好です。

 

一番南側の無料駐車場ホテルはトロピアーナになります。こちらも屋内駐車場なので炎天下でも車内の気温が上がりすぎません。

フーターズはストリップから少し距離があるためトロピカーナの方がオススメです。

 

尚、ストリップエリア以外、ダウンタウンや郊外のカジノは駐車料金が発生するホテルはほとんどありません。

 

 

ラスベガス駐車場情報まとめ

 

残念ながらラスベガスの各地で駐車場料金が発生しています。

これも時代の流れなのでしょうか。

 

冒頭で触れたプレミアムアウトレットノースの駐車場料金ですが今のところクレジットカードのような特典で無料になるサービスはしておりません。

 

ネバダ州民であれば免許証の提示でタダになります。

ですがいつ有料化に踏み切るのかは時間の問題かもしれません。

 

リゾートフィーや駐車料金は毎年値上がりを見せています。

ちょっとした金額かもしれませんが、今回は参考までに節約術のご紹介でした。

 

▽ラスベガスでの移動手段に悩まれている方、現地で人気の配車サービスUberを使うとお得で便利です。

ラスベガスとタクシーの料金を比較してみました。詳しくは以下の記事を読んでみてください。

【ラスベガス】タクシーVS.Uberウーバー比較体験レポ

 

Uber(ウーバー)を使うべき3大メリット

  • タクシーより安く利用できる(距離によってはタクシーの半額)
  • 評価の高いドライバーが来てくれる
  • 決済がラク(アプリで決済。お財布いらず)

初回最大2000円割引クーポンコード:qybjexzhue

公式 Uber(ウーバー)を使ってみる

スポンサーリンク