こんにちは!

ラスベガス在住のマーク(@rasubegasu_)です。

 

当記事はUberのヘビーユーザーである私がUberの使い方をわかりやすく紹介します。

 



Uberを使うメリット

Uberを使う5つのメリット

  1. タクシーよりも安く乗車できる
  2. タクシーのようなボッタクリがない
  3. 車内がキレイで清潔。車種を選ぶことができる。
  4. 支払いがとにかくラク
  5. 配車予約がカンタン

 

1.タクシーよりも安く乗車できる

距離が遠ければ遠いほど、タクシーよりもお得に利用することができます。

地域差はありますが、およそ半額の値段です。

 

乗車前に料金の見積もりをアプリがとってくれるため、乗車中に値段を気にする心配がありません。

 

〜アメリカ・ラスベガス〜

空港からベラージオ噴水ショーまでの料金比較

空港からベラージオまで
乗車料金$16.15$15.85
空港料金$2.00なし
クレカ手数料$3.00なし
タクシー税(3%)$0.63なし
小計$21.78$15.85
チップ(20%)$4.35$3.17
合計$26.13$19.02

 

ラスベガスタクシー料金内訳

  • 初乗り3.50ドル 
  • 空港送迎追加料金2ドル
  • 143mごとに0.23ドル
  • 待ち時間料金24秒ごとに20セント
  • 税金3% 
  • 決済手数料3ドル(クレジットカード決済の場合)

 

Uberの料金内訳

Uberは時間帯やドライバーとお客さんの需要と供給のバランスで金額が設定されています。

地域性が強いことからはっきりした計算方法はオープンになっていません。

 

アプリで乗車前に金額を都度確認する方法が1番です。

特別な状況としてはコンサートやフェスなどのイベント時、年末年始などのホリデーシーズンなどは特別料金で高くなることがありますので注意が必要です。

ただし、基本的にはタクシーよりも安くなるように計算されています。(Uber Pool、UberX)



2.タクシーのようなボッタクリがない

アメリカ・ラスベガスではタクシードライバーによるボッタクリ被害が多いです。

お客さんの顔色を見て、土地勘がない人だと判断すればわざと遠回りするドライバーもいます。

 

Uberの場合は経路がすべてアプリのマップに表示され、履歴が残るためわざと遠回りができない(やった場合はバレる)仕組みになっています。

もしドライバーが不正行為を働いた場合、Uber運営元に連絡し返金手続きができます。

 

3.車内がキレイで清潔。車種を選ぶことができる

タクシーの中には車内がとても汚い車があります。

Uberの場合、お客様評価が低いことによって最悪失職する可能性があります。

 

いつもお客様から高評価をいただけるようUberドライバーは車内が清潔に保たれるよう努力しています。

またスーツケースが多い場合やグループでの利用、ワンランク上のサービスを受けたいなど、一般車から大型車、高級車など乗車前に好きなタイプの車を選択できます。

 

4.支払いがとにかくラク

Uberの支払いはすべてクレジットカード決済です。海外での利用の場合でも日本のクレジットカードが使えます。

 

すべてアプリで決済が完結するため、現地でクレカを提示する必要はありません。(よってスキミングも防止できます。)

また現地の通貨を持ち合わせてなくても安心です。

 

5.配車予約がカンタン

海外で利用する場合、配車予約がアプリでできるのは大きなメリットです。

 

現地の言葉を使わずに済むので行き先や時間のトラブルを回避できます。日本と違い時間に車が来ないというリスクを防げます。

また帰国の際ホテルから空港までの配車予約を事前にするだけで安心感が違います。

 



Uberのデメリット

Uberの5つのデメリット

  1. 早朝・深夜では料金が高くなる
  2. 田舎でUberを見つけるのは難しい
  3. GPSがあまり正確ではない
  4. 電話がかかてくることがある
  5. インターネット環境が必要

1.早朝・深夜では料金が高くなる

Uberは利用する時間帯によって金額が変動します。

 

空港へ向かうなど早朝(深夜〜5時)出発する場合は通常料金よりも高くなっています。

また地域によっては配車に時間がかかるため、配車予約をするなど時間に余裕を持って使うことをオススメします。

 

2. 田舎でUberを見つけるのは難しい

人がほとんど住んでない田舎や観光地(国立公園)などはUberドライバーがいません。

またサービスの内容もUber Xのみなど限られてきます。

 

3. GPSがあまり正確ではない

乗車する際、人混みや敷地内などで近くまでドライバーが来ていても自分を見つけてくれず、周りをウロウロ巡回することがあります。

この場合、料金はもちろん発生しませんが、単純に時間のロスにつながります。

 

4. 電話がかかってくることがある

ドライバーが利用者を見つけられず、電話がかかってくることがあります。

この場合、驚くかもしれませんがとりあえず電話に出ましょう。英語が苦手でも最低限のやりとりをして早く自分を見つけてもらいましょう。

 

5. インターネット環境が必要

利用時は常にネット環境が必要です。海外で利用する場合はレンタルWiFiを持ち歩くことをオススメします。

 

↓の記事でラスベガスで失敗しないWiFiルーターの選び方を解説しています。

【ラスベガスWiFi】USデータ料金は本当に安いのか?レンタル会社6社比較ランキング

 



Uber利用時の注意点と対処方法

Uberのトラブルを回避する3つの方法

  1. レビューが少ないドライバーは避ける
  2. 治安が悪い場所から乗車する場合はワンランク上のUberを利用する
  3. 早朝・深夜は一人で乗らないようにする

 

1. レビューが少ないドライバーは避ける

Uberは乗車前にドライバーのプロフィールが表示されます。

 

内容は名前、顔写真、5段階評価、車種、経験年数です。

ここで気をつける点は経験年数の項目です。

 

たとえ5段階評価が高くても、経験年数が極端に短い場合はレビューも少なく、信頼性に欠けますので気をつけた方がいいです。

また顔写真があきらかに違う、車種が違う場合も確認してから乗るべきです。

 

もしプロフィールと違う場合はUberのアプリから日本語で通報することができます。



2. 治安が悪い場所から乗車する場合はワンランク上のUberを利用する

人気のないところ、治安のあまり良くない場所からUberを配車する場合はワンランク上のUberを配車すると良いです。

ワンランク上であればあるほど、ハイクオリティのドライバーが迎えに来てくれます。

 

Uberは自家用車を使っているため、ワンランク上のサービスを提供するためにはドライバー自ら高級車を所有する必要があります。

高級車を買えるだけの経済力、社会的信用がドライバーに必要になるため、事件や事故につながる可能性がぐっと減ります。

 

サービスの種類料金サービスの内容
Uber Pool他のユーザーとの相乗り
Uber X★★最もスタンダードなサービス。迷ったらコレ。
Uber XL★★★大型車、最大6名までのグループ利用
Select★★★★高級車が迎えに来るハイグレードサービス
Black★★★★★高級車かつ最高評価のドライバーによるサービス
SUV★★★★★★Black同様のサービスに加え、最大乗車人数が4人→6人に
Assist★★公認ドライバーによる介助サービス付き
WAV★★車椅子に対応した車が迎えにくる

 

Uber Select、Black、SUVを選択するとUber運営側からお墨付きをもらった高評価ドライバーが運転をしてくれます。

 

3. 早朝・深夜は一人で乗らないようにする

Uberに限らず、なるべく早朝・深夜には一人で乗車しないようにするのが1番です。

特に日本人女性(アジア系)は体系が小柄な為、アメリカでは幼く弱く見えてしまいますので注意が必要です。

 

 

Uberでトラブルが起きた場合の対処法

 

Uberには万が一のトラブルにも対処できるようになっています。

以下の場合、アプリから日本語で連絡することができます。例えば料金によるトラブルの場合、請求がいかずにキャンセルされます。

 

Uber料金に関するトラブル例

  • ドライバーが不適切なルートを選択した
  • 乗車場所または降車場所が間違っていた
  • 渋滞に巻き込まれてしまった
  • 心当たりのない乗車料金の請求があった
  • ドライバーに通行料金または駐車料金を支払った
  • 希望していない場所でドライバーが停車した
  • プロモーションコードが適用されなかった
  • クリーニング代を請求された

 



トラブル時の連絡の仕方

乗車後、アプリから【乗車情報】をタップし、過去の履歴を選択。

”ヘルプ”の項目から該当箇所を選ぶ。

 

 

 

 

乗車割引クーポンコード

Uberを利用する際に割引クーポンを使うことができます。

割引は使用した時期や地域によって変動します。

 

最大で2000円引きまで乗車料金をサービスしてくれます。

最大2000円分の割引になる

割引クーポン qybjexzhue

 

 

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク