こんにちは!

ラスベガス在住のマーク(@rasubegasu_)です。

 

今回は、Uberユーザー&ドライバーである私がUberウーバーの使い方をわかりやすく紹介します。



Uber(ウーバー)とは?

Uber(ウーバー)とは???

アメリカ、サンフランシスコに本社を持つ、新しい配車サービスです。

 

日本では、Uber Eatsが注目を浴びていますが、配車サービスとしてのUberを使ったことがある人はまだまだ少ないと思います。

※ Uber Eatsとは、オンラインフードデリバリーサービスで、アプリを使って対応している飲食店に出前を注文できるものです。

 

Uber(ウーバー)は、世界中で利用できるエリアが広がっているので、海外旅行、留学、出張などあらゆるシーンで強い見方になってくれます。



Uber(ウーバー)の特徴

  • 従来のタクシーよりも価格が安い
  • 使う人に合わせた幅広い様々なサービスがある

    タクシーと料金で比較

    タクシーとUber(ウーバー)で料金を比較してみても、やはり、Uber(ウーバー)はかなりお得なのがわかってもらえるかと思います。

     

    ▼実際に乗車してタクシーとくらべてみました。

    【ラスベガス】タクシーVS.Uber(ウーバー)比較体験レポ

     

     

    空港からベラージオ噴水ショーまでの料金比較

     

    空港からベラージオまで
    乗車料金$16.15$15.85
    空港料金$2.00なし
    クレカ手数料$3.00なし
    タクシー税(3%)$0.63なし
    小計$21.78$15.85
    チップ(20%)$4.35$3.17
    合計$26.13$19.02

    タクシー料金内訳

    • 初乗り3.50ドル 
    • 空港送迎追加料金2ドル
    • 143mごとに0.23ドル
    • 待ち時間料金24秒ごとに20セント
    • 税金3% 
    • 決済手数料3ドル(クレジットカード決済の場合)

     

    Uberの料金内訳

    Uberは時間帯やドライバーとお客さんの需要と供給のバランスで金額が設定されています。

    地域性が強いことからはっきりした計算方法はオープンになっていません。

     

    アプリで乗車前に金額を都度確認する方法が1番です。

    特別な状況としてはコンサートやフェスなどのイベント時、年末年始などのホリデーシーズンなどは特別料金で高くなることがありますので注意が必要です。

    ただし、基本的にはタクシーよりも安くなるように計算されています。(Uber Pool、UberX)

     

    では、早速、Uber(ウーバー)を使い方について、以下から解説していきます!



    Uber(ウーバー)は評価4.5以上の優良ドライバーが来てくれる

    はじめてUber(ウーバー)を使う時、一体どんな人がドライバーで来るのか?と心配になってしまう方が多いと思います。

    特に言葉の通じない海外であれば尚更ですよね。。

    どんなドライバーが来るの?

    Uber(ウーバー)は利用者のレビューをとても大切にしています。

    5段階で評価し、ある一定の基準値まで下がるとUberドライバーはクビになります。

     

    その結果、評価の高いドライバーしか運転できません。

    私は過去に何度も利用していますが、評価4.5以下を下回ったドライバーはいませんでした。

     

    また配車時にドライバーの評価や顔写真などが表示され、もしお願いしたくない場合は変更が可能です。

    豊富な種類のサービスからニーズにあわせて自由に車をチョイスできる

    Uberは日常使いから特別なイベント、ヘルパーさんが必要な環境の方まで様々なサービスを展開しています。

    以下はサービスの一覧になります。若干地域差はありますが、より良いサービスの提供を目指し今後もバリエーションが増えていきます。

     

    初めてUberを使う方はサービス内容も料金もタクシーにそっくりなUber Xがオススメです。

    サービスの種類料金サービスの内容
    Uber Pool他のユーザーとの相乗り
    Uber X★★最もスタンダードなサービス。迷ったらコレ。
    Uber XL★★★大型車、最大6名までのグループ利用
    Select★★★★高級車が迎えに来るハイグレードサービス
    Black★★★★★高級車かつ最高評価のドライバーによるサービス
    SUV★★★★★★Black同様のサービスに加え、最大乗車人数が4人→6人に
    Assist★★公認ドライバーによる介助サービス付き
    WAV★★車椅子に対応した車が迎えにくる

    Uber(ウーバー)の使い方に必要な4つのもの

    Uberを使うために必要な4つのもの

    1. メールアドレス
    2. 電話番号
    3. クレジットカード
    4. 初回割引クーポンコード
    5. インターネット環境

     

    1、メールアドレス

    YahooメールやGmailなど普段から利用しているメールアドレスで登録が可能です。

     

    2、電話番号

    登録時に携帯電話番号で認証が必要になります。

    また必要に応じてUberドライバーと連絡を取り合うことにも電話を使います。

     

    3、クレジットカード

    決済はすべてクレジットカードを使います。

    クレジットカードをアプリに事前に登録しておきます。

     

    そのため使用時はスムーズな決済が可能です。

    海外利用でも日本発行のクレジットカードが利用できます。

    4、初回割引クーポンコード

    Uberを利用する際に割引クーポンを使うことができます。

    割引は使用した時期や地域によって変動します。

     

    最大2000円引きまでサービスしてくれるので、車で20分ほどの移動であればタダ乗りできちゃいます。

    5、インターネット環境

    利用時はネット環境が必要なため、海外で乗車する場合はレンタルWiFiなどを持っていくと便利です。

    こちらの記事「ラスベガス・グランドキャニオン旅行必携レンタルWiFiの選び方」では、アメリカ・ラスベガスで失敗しないWiFiルーターの選び方を紹介していますので是非参考にしてくださいね。

     



    Uber(ウーバー)の使い方:登録方法について

    Uberを登録するための3ステップ

    1. アプリをダウンロード
    2. アカウントを作成
    3. 支払い方法を設定

    では、詳しくUber(ウーバー)の使い方について説明していきますね。

    1.アプリをダウンロード

    以下のURLからUberアプリのダウンロードして、アプリを開きます。

    ▼uberアプリのURL

    https://www.uber.com/jp/ja/

    プロモーションコードに、qybjexzhueを入力していただくと、初回割引サービスを受けることができます。

    ※プロモーションコード=初回割引コードです。

    入力していただくと最大で2000円引きになります。(時期や地域によって変動します)

    2.アカウントを作成

    名前、電話番号、メールアドレスを登録します。

    3.支払い方法を設定

    最後に、支払い方法としてクレジットカードの登録をして完了です。

    とっても簡単です。

    では、実際にUber(ウーバー)を使ってみましょう!

    Uber(ウーバー)の使い方:配車依頼方法について

    Uber(ウーバー)の配車依頼 3ステップ

    1. ドライバーから見つけやすい場所に配車を依頼
    2. アプリで目的地を指定する
    3. サービスの種類と料金を確認して配車を依頼

    では、詳しくみていきましょう。

    ①ドライバーから見つけやすい場所に配車を依頼

    Uberで配車依頼をする際、必ずドライバーに見つけてもらいやすい場所から依頼しましょう。

    指定した場所が人混みの多いところや、敷地内、屋内だと、ドライバーはあなたを見つけることが困難です。

    人混みであれば、目印になる近くのコンビニや建物、敷地内であれば、道路側に出ることでスムーズに乗車できます。

    まず青い丸があなたのいる現在地です。この時、周りに白い車が7台あります。

    すべてUberドライバーです。依頼した際に一番近くにいるドライバーが迎えにきてくれる仕組みになっています。

    ②アプリで目的地を指定する

     

     

    次に【行き先は?】という欄をタップしてください。

     

    そうしますと↑の画面に切り替わります。

    最初に確認していただきたところは青字で書かれた現在の位置情報】です。

     

    現在の位置情報はGPSで常に自分の場所を教えてくれます。

    ちょうど地図アプリと一緒の仕組みです。もし乗車場所を指定したい場合は住所や地名を入力します。

     

    今回は目的地を【ベラージオホテル】にします。

    入力方法は観光地や建物、レストランなど直接名前を打ち込むと候補が表示されます。

    また住所を直接入力することもできます。

     

    「べらーじお」、まで打ち込むと候補に『ベラージオ・ホテル・アンド・カジノ…』が出てきました。

     

    ちなみに住所入力するとベラージオの場合は以下になります。

    3200 S Las Vegas Blvd, Las Vegas,NV89109

     

    海外の住所だと不慣れで分かりづらいという方は目的地名を直接入力したほうが便利だと思います。



    ③サービスの種類と料金を確認して配車を依頼

    Uberには様々な種類のサービスがあります。地域によって若干サービスが異なりますが、まとめると以下の表通りです。

    利用が初めての方はUber Xがおすすめです。

     

    ▼くわしい車種の選び方とおすすめの利用シーンについてまとめて記事は以下になります。

    【Uber車種選択】初めてでもわかる損をしない使い方

    サービスの種類料金サービスの内容
    Uber Pool他のユーザーとの相乗り
    Uber X★★最もスタンダードなサービス。迷ったらコレ。
    Uber XL★★★大型車、最大6名までのグループ利用
    Select★★★★高級車が迎えに来るハイグレードサービス
    Black★★★★★高級車かつ最高評価のドライバーによるサービス
    SUV★★★★★★Black同様のサービスに加え、最大乗車人数が4人→6人に
    Assist★★公認ドライバーによる介助サービス付き
    WAV★★車椅子に対応した車が迎えにくる

     

    目的地の入力が終わると配車可能な車の候補が出てきます。

    右にスワイプするとさらに候補が出てきます。

     

    それぞれのサービスの乗車料金の見積もりが出ます。

    (チップは任意なので見積もりに含まれておりません。)

     

     

    サービスが決まったら完了をタップし、迎えを待ちます。

    近くにいるドライバーに配車依頼をします。

     

    ドライバーが決まったら、アプリでお知らせしてくれます。到着時間も表示されます。

    この時に注意することは5段階評価と乗車回数です。

     

    評価の低いドライバーは解雇される仕組みなのでやってきませんが、もし著しく評価の悪いドライバーであれば拒否できます。

    拒否すると再依頼が行われ、近くにいるドライバーがやってきます。

     

    また評価が良くても乗車回数が少ないと新人ドライバーなので注意が必要です。

    Stevenさんの場合5段階評価4.91でかなり評判がいいです。また乗車回数も1305回なので経験も問題ありません。

    初回最大2000円割引クーポンコード:qybjexzhue

    公式 Uberウーバーを使ってみる

    Uber乗車中

    乗車中はタクシーと違い、目的地と経路がドライバーに伝わっているので非常にラクです。

    道中の経路はアプリで常時表示されているため、もしドライバーが勝手に変更した場合でもすぐにわかるようになっています。(アプリで記録にも残ります。)

    そのためわざと遠回りされたり、ぼったくられる心配がありません。

    ドライバーによってはキャンディやお水をくれる人もいて、とてもサービスがいいです。



    Uber(ウーバー)の使い方:乗車後について

    Uber乗車後は、ドライバーの評価と、チップを渡します。その方法について説明します。

    ドライバーの評価

    乗車後はアプリで決済がされるので、クレジットカードや現金を出す必要はありません。

    アプリで5段階評価をし、チップを入力して終わりです。

     

    評価は特に何もなければ、最高評価の5をつけて上げてください。

    基本的に評価は甘めでドライバーの評価が地域ごとの基準値を下回るとクビになります。

     

    乗車が終わると↑の画面に切り替わります。

    運転してくれたドライバーを★5段階で評価します。

    その後に【良かった点】を選びます。

     

    【良かった点】は様々な候補があり、1番近いものでOKです。

    良かった点の例

    • 最高のサービス
    • 車内の会話
    • 熟知した道案内など

     

    どれを選択してもその後への影響変化は特にありません。

    ちなみにコメントはしてもしなくてもどちらでもOKです。

     

     

    最後にチップの入力です。チップは任意ですが、問題がなければお気持ち程度でいいのでチップをあげてください。

     

    これで完了です。

    時間としては選ぶだけなので評価からチップまでは20秒位で終わります。

     

    あとからドライバー評価をする場合

    乗車後忙しくて評価する時間がまったくない場合、または何か問題があり連絡したい場合は

    時間をおいてあとからドライバー評価もできます。

     

    まず、左上の三本線をタッチします。

     

     

    ↑の画面に切り替わります。乗車情報を選択します。

     

     

    過去の乗車履歴から該当する乗車情報を選びます。

     

    ドライバーの項目をタッチすると評価の画面に切り替わります。

    チップもこの時に払うことができます。

     

    チップ

    チップに関しては地域差はありますが、私の住むラスベガスの場合、合計金額に対して15%〜20%が相場です(タクシーも同様)

    アメリカ人からすると、チップを払わない=最低のサービスととらえる人もいるのでお気持ちだけでもチップを払うようにしてください。

     



    Uberでトラブルが起きた場合の対処法

    Uber(ウーバー)には万が一のトラブルにも対処できるようになっています。

     

    以下の場合、アプリから日本語で連絡することができます。

    例えば料金によるトラブルの場合、請求がいかずにキャンセルされます。

    料金に関するトラブル主な例

    1. ドライバーが不適切なルートを選択した
    2. 乗車場所または降車場所が間違っていた
    3. 渋滞に巻き込まれてしまった
    4. 心当たりのない乗車料金の請求があった
    5. ドライバーに通行料金または駐車料金を支払った
    6. 希望していない場所でドライバーが停車した
    7. プロモーションコードが適用されなかった
    8. クリーニング代を請求された

    トラブル時の連絡の仕方

    Uberのアプリを開き、左上の三本線をタップします。

    そうしますと、アカウント画面が表示されます。

    次に【乗車情報】をタップします。

    そうしますと、過去の乗車履歴がすべて表示されます。

    該当する乗車履歴をタップします。

    ヘルプという項目が出てきますので、該当箇所をタップします。

    状況によってはメッセージを打ち込むところがありますが、すべて日本語で入力できるので海外でも安心です。



    ラスベガスでUber(ウーバー)を使うべき場所

    1. 空港とホテル間の移動
    2. プレミアム・アウトレット・ノース
    3. プレミアム・アウトレット・サウス
    4. ホールフーズ
    5. トレーダージョーズ
    6. ラスベガス・ダウンタウン
    7. セブンマジックマウンテン

      空港からホテル間の移動

      空港からホテルの移動にはタクシー、シャトルバスという選択肢があります。

      タクシーは料金が高く、シャトルバスはホテルを巡回しますので到着が遅くなります。

       

      Uberを使うと安く、速く移動ができます。乗車料金に関しては深夜・早朝で変わることがありますのでuberアプリでご確認ください。

       

      Uber(ウーバー)を使うべき3大メリット

      • タクシーより安く利用できる(距離によってはタクシーの半額)
      • 評価の高いドライバーが来てくれる
      • 決済がラク(アプリで決済。お財布いらず)

      初回最大2000円割引クーポンコード:qybjexzhue

      公式 Uber(ウーバー)を使ってみる

       

      こちらの記事も読まれています

      【ラスベガス空港】Uber(ウーバー)乗り場を紹介

      Uberメリット・デメリットはじめて使う前に注意したいこと

      スポンサーリンク