こんにちは!

ラスベガス在住のマーク(@rasubegasu_)です。

 

「Uberは種類が多くてどれを選べばいいかわからない!」そんな経験はありませんか?

今回は利用シーンにあわせたオススメの使い方をご案内しますので、参考になれば幸いです。

 



Uberウーバー車種とサービスの選択一覧表

サービスの種類料金サービスの内容
Uber Pool他のユーザーとの相乗り
Uber X★★最もスタンダードなサービス。迷ったらコレ。
Uber Comfort★★★(★2.5)新しい車種、最大4名、足元が広い、アプリで事前に温度調節、車内での会話の有無設定可能。
Uber XL★★★大型車、最大6名までのグループ利用
Select★★★★高級車が迎えに来るハイグレードサービス
Black★★★★★高級車かつ評価4.85以上のドライバーによるサービス
SUV★★★★★★Black同様のサービスに加え、最大乗車人数が4人→6人に
Assist★★公認ドライバーによる介助サービス付き
WAV★★車椅子に対応した車が迎えにくる

 

Uberは日常使いから特別なイベント、ヘルパーさんが必要な環境の方まで様々なサービスを展開しています。

以下はサービスの一覧になります。若干地域差はありますが、より良いサービスの提供を目指し今後もバリエーションが増えていきます。

 

初めてUberを使う方はサービス内容も料金もタクシーにそっくりなUber Xがオススメです。

 



Uberウーバー車種と選択方法

Uberウーバーは多様なニーズに合わせ、様々な車種やサービスを選択することができます。

サービスは大きく4つに分けられています。

 

エコノミー、プレミアム、VANタイプ、その他の車種の4つです。

タクシーと料金を比較した際にUberが安くなるのはエコノミーとその他の車種のカテゴリーです。

 

【ラスベガス】タクシーVS.ウーバー比較体験レポ

当記事は一つひとつの特徴をご紹介します。写真画像はあくまでイメージです。

 

Uber Pool

  • 【乗車可能人数1人〜4人】
  • 【金額:★☆☆☆☆☆】
  • カテゴリー:エコノミー

     

    Uber Poolは目的地が近いもの同士の相乗りサービスです。

    乗車料金は最も安価ですが、途中下車、乗車があるため他のサービスと比べ目的地まで多少時間がかかります。

     

    乗車人数はタイミングによって異なり、アプリで1人という表示あれば、他に3人ほどすでに乗っていることが推測できます。

     

    時間帯や目的地によっては相乗りする人が見つからないこともあり、自分ひとりだけの乗車になることも時々あります。

    結果的に自分一人だけの乗車でも値段はそのままで料金が上がることはありません。

     

    また相乗りのため持ち込める荷物に制限があります。

    バッグは一人ひとつまでです。サイズは自分の膝で抱えられる大きさになります。(リュックサックなど)

    旅行用の大型スーツケースは持ち込めません。

     

    「最近アメリカの都市部では通勤用にUber Pool利用者が増えています。」

    「自家用車を使わないで、すべてUber Xで生活する中間層もラスベガスで増えているよ。」

     

    Uber X

    • 【乗車可能人数1人〜4人】
    • 【金額:★★☆☆☆☆】
    • カテゴリー:エコノミー

       

      Uberの中で最も一般的なサービスです。

      初めての方でサービスに迷ったらUber Xがオススメです。

       

      車種は一般的なグレードのものになります。

      ピンキリですが、発売から2〜3年以内の比較的新しい車が多いです。(アメリカは日本と違い古いクルマはとことん古いです。)

       

      相乗りが苦手な方、タクシーの代わりに使いたい方はUber Xがオススメです。

      Uber Comfort 2019年7月9日登場の新サービス

      • 乗車可能人数1人〜4人】
      • 【金額:★★☆☆☆☆星2.5】
      • カテゴリー:エコノミー

         

        2019年7月9日に発表された新サービスです。

        サービスの特徴は新しい車種で、足元が広い車。

         

        アプリで事前に車内の温度指定、ドライバーとの会話の有無の指定ができます。

        ※現在写真画像、アイコンは公式サイトにも発表がありません。

         

        ▽詳しくは以下の記事で乗車体験&紹介しています。

        UberコンフォートComfortって何?新サービスにいち早く乗車してみた!

        Uber XL

        • 【乗車可能人数1人〜6人】
        • 【金額:★★★☆☆☆】
        • カテゴリー:VANタイプ

           

          グループなど大人数やスーツケースなどの沢山荷物があるときに重宝するサービスです。

          車の種類は一般的なファミリーカーです。

           



          Select

          • 【乗車可能人数1人〜4人】
          • 【金額:★★★★☆☆】
          • カテゴリー:プレミアム

             

            普段より贅沢気分が味わえる高級車が配車されます。

            UberXと比べ3倍以上の料金がかかるので、個人的には特別な時に利用するかんじです。

             

            カテゴリー・プレミアムのサービスはこだわりを持ったドライバーが多く、車内の音楽や照明にこだわったり、映画を上映したり

            ドライバーが考えるワンランク上の非日常体験を演出してくれることがあります。

            「お菓子やミネラルウォーターをくれるドライバーもいるよ。」

             

            Black

            • 【乗車可能人数1人〜4人】
            • 【金額:★★★★★☆】
            • カテゴリー:プレミアム

               

              Selectのサービスに加え、高評価なドライバーが運転してくれるサービスです。

              正直ユーザー目線からすれば、Selectのドライバーでも十分高品質なサービスなのであえて選ぶメリットはありません。

               

              地域によってはSelectかBlackのどちらかしか選択肢がないところがあります。

               

               

              SUV

              • 【乗車可能人数1人〜6人】
              • 【金額:★★★★★☆】
              • カテゴリー:プレミアム

                Blackのサービスに加え、6人まで乗車できるサービスです。

                Uberの中で最も乗車料金が高いサービスです。

                 

                車種はキャデラックに限らず、各メーカーで1番グレードの高い車両が選ばれています。

                新車で買うとすべて500万円超えの車です。

                • Audi Q7
                • GMC Yukon XL.
                • Lincoln Navigator
                • Mercedes-Benz GL-Class

                Assist

                • 【乗車可能人数1人〜4人】
                • 【金額:★★☆☆☆☆】
                • カテゴリー:その他の車種

                   

                  乗車時に介助が必要な方のためのサービスです。

                  サービスの料金はUber Xと同額です。

                   

                  地域によっては対応している車が少ないことがあります。

                  その際は予約機能を使うと便利です。

                  WAV

                  • 【乗車可能人数1人〜4人】
                  • 【金額:★★☆☆☆☆】
                  • その他の車種

                     

                    車椅子に乗ったままでも乗車できるサービスです。

                    アメリカでは車椅子利用者(電動も含む)が非常に多く、一般の方からの理解・配慮が行き届いています。

                     

                    料金は特別高いわけではなく、Uber Xと同金額です。

                    乗車料金もしっかり配慮されています。

                     



                    【Uber車種の選択】ラスベガスでの利用シーンに合わせた選び方

                     

                    1. お買い物・普段使い

                    ラスベガス・ホテル間の移動で利用する場合はUber Xがオススメです。

                    車内貸し切りかつ料金が安いからです。

                     

                    1番安いUber Poolの場合、料金を抑えることができますが、他のユーザーと相乗りのため持ち込み荷物に制限があります。

                    スーツケースや大量の買い物袋を持ち込むことができません。

                     

                    Uberを使うと便利なラスベガス・ショッピングエリア

                    プレミアム・アウトレット・ノース
                    プレミアム・アウトレット・サウス
                    トレーダー・ジョーズ
                    ホールフーズ
                    ターゲット
                    ウォルマート
                    コストコ

                     

                     

                     

                     

                     

                    2. セブンマジックマウンテン

                    2019年も公開延長が決まった人気観光地セブンマジックマウンテン。

                    ラスベガス・ストリップから距離が離れているため、通常はツアーに参加するかレンタカーなどで行くしか方法がありません。

                     

                    ですが、Uberを使うと割安で目的地までの往復が可能です。帰りにUberを見つけるのが大変かもしれませんが、事前予約をすることができます。

                    安心かつお得に観光ができます。注意点はUber Pool(相乗り)のサービスがないため、Uber Xを使うことをオススメします。

                     

                     料金一人あたりメリットデメリット
                    ツアー(ベルトラ)60ドルラスベガス・サインも観光できる。ガイドがつく。毎日催行していない
                    Uber

                    往復50ドル〜

                    (ベラージオホテルから出発した場合)

                    好きな時間に自由に観光できる。料金が一番安い。時間帯によって金額が変動
                    レンタカー100ドル〜好きな時間に自由に観光できる。国外運転免許証が必要。ホテル駐車料金がかかる。

                     

                    ラクな方法はツアー参加です。

                    ガイドが道中説明をしてくれたり、現地で写真を手伝ってくれます。

                     

                    ラスベガス・サインも観光してくれます。ですが、もし予定の日に催行していなかった場合はUberです。

                    好きな時間に観光ができます。また2人以上場合、ツアーは120ドルですが、UberはUber Xを選択すると4人まで往復40ドル前後で観光ができます。

                     

                    ▽ベルトラのセブンマジックマウンテン・ツアーの詳細はこちら

                    >>セブンマジックマウンテンツアーを覗いてみる

                     

                    ▽セブンマジックマウンテンについての記事はこちら

                    セブンマジックマウンテン期間延長2019年も公開継続中!

                     

                    3. 非日常を味わうラグジュアリーな体験

                    せっかくラスベガスへ来たのだから、アメリカならではの車に乗りたいという方もいらっしゃるかと思います。

                    空港からホテルへの送迎の際にリムジンをチャーターするよりもプレミアムカテゴリーのUberを使うと配車が簡単でしかも料金を抑えることもできます。

                     

                    ビジネスで訪れる方はテスラなど、日本ではあまりお目にかかれない自動運転機能付きの車をUberで配車する方もいます。

                     

                    Uber(ウーバー)を使うべき3大メリット

                    • タクシーより安く利用できる(距離によってはタクシーの半額)
                    • 評価の高いドライバーが来てくれる
                    • 決済がラク(アプリで決済。お財布いらず)

                    初回最大2000円割引クーポンコード:qybjexzhue

                    公式 Uber(ウーバー)を使ってみる

                     

                    こちらの記事も読まれています

                    スポンサーリンク