こんにちは!マーク(@rasubegasu_)です。

今回はラスベガスの移動手段を紹介します。

 

 
移動手段料金メリットデメリット
バス★☆☆☆停車駅が多く、手軽に乗車できるいちいち停まるので、時間がかかる
モノレール★☆☆☆無料で乗車できる区間がある乗り場が分かりづらい。区間が狭い
タクシー★★★☆日本と比べ安い郊外に出ると、帰りにタクシーを見つけづらい
レンタカー★★★★制約なく、自由に移動できる国際免許が必要。駐車代がかかる
Uberウーバー★★☆☆タクシーよりも安い屋外でWiFi環境が必要
電車/地下鉄なしラスベガスには電車はありません 
 
 
 



ラスベガスの移動手段バス

 
 
バス料金運行間隔運行時間
①Deuceデュース
  • 6ドル/2時間券
  • 8ドル/1日券(24時間)
  • 20ドル/3日券(72時間)
10〜20分24時間
②SDX同上10〜15分AM9:00〜AM0:30
③BIG BUS39ドル/1日乗車券のみ30分AM10:00〜PM6:00

 

①Deuceデュース

 

 

ラスベガスには2種類の路線バスがあります。Deuce(読み方:デュース)とSDXです。

Deuceの特徴は2階建てになっており、SDXと比べ停車駅が多く、細かく移動ができます。

 

料金の支払い方は2種類です。

1つ目は乗車時に購入する方法。2つ目はバス停の券売機で購入する方法です。

バス停によっては券売機がないところがあります。その場合は乗車時に購入します。

 

バス券売機

 

乗車券の種類

  • 6ドル/2時間券
  • 8ドル/1日券(24時間)
  • 20ドル/3日券(72時間)

 

上記3つのタイプの乗車券があります。

時間は購入時間からカウントしたものでチケットに有効期限(時間)がプリントされます。

有効期限:2011年2月13日午後5時56分まで

 

誰も何も言わない(汗)

乗車券を購入してもドライバーは確認することがほとんどありません。

基本ルールは乗車時に乗車券を提示します。降車時は何もせず、そのまま降りればOKです。

 

②SDX

 

SDXの特徴は2両連結車両で、移動が速いことです。

Deuceと比べ停車駅が少なく、移動に距離がある場合はSDXに優先的に乗車するといいです。

 

また人気スポットのプレミアム・アウトレットノースに行けるのはSDXのみになります。

以下にDeuceとSDXの停車駅一覧(英語)のリンクがあります。

http://www.rtcsnv.com/touristms/routes.html

 

 

 

③BIG BUS

 
 
 
BIG BUSは観光目的のバスになります。
 
 
乗車中はガイド(英語)がラスベガスやホテルのエピソードを語ってくれます。
 
チケットの購入方法は各バス停にスタッフが常駐しており、スタッフから直接購入ができます。
 
またホテルによってはフロントでも購入可能です。
 
 
 
 
2階席は屋根がないため、写真撮影や動画の撮影に最適です。
 
日中は日差しが強いので、サングラス、日焼け止めは必需品です。
 
 
 
以下のリンクはBig Busのルートマップ(英語)になります。
 
 
 
 

ラスベガスの移動手段②モノレール

 
無料の運行区間

①エクスカリバー←→ルクソール←→マンダレイベイ

②ベラージオ←→Vidara←→Park MGM

③ミラージュ←→トレジャーアイランド

無料の運行時間

①AM8:00~AM4:00(間隔3〜7分)

②AM9:00~PM10:30(間隔5〜15分)

③AM7:00~AM2:00(間隔15分毎)

有料の運行区間

MGMグランド←→バリーズ←→フラミンゴ←→

ハラーズ←→コンベンションセンター←→

ウェストゲート←→SLS

有料の運行時間

平日 AM7:00 ~ AM2:00/週末 AM7:00 ~ AM3:00

間隔4〜12分

料金

1回乗車券 5ドル/1日乗り放題券 14ドル/3日乗り放題券30ドル

 
 
 

ラスベガスの移動手段③タクシー

料金
  • 初乗り3.50ドル 
  • 空港送迎追加料金+2.45ドル
  • 143mごとに0.23ドル。
  • 待ち時間料金。24秒ごとに20セント
  • 税金3% (通常の消費税と異なります)
主な料金の目安
  • 25ドル:マッカラン空港→ベラージオ
  • 28ドル:マッカラン空港→サーカス・サーカス
  • 38ドル:マッカラン空港→プレミアム・アウトレットノース

※上記の値段はあくまで目安です。渋滞時は値段が高くなります。

注意点上記の値段の合計額に+チップ10%〜15%

 

ラスベガス・ストリップは非常に多くのタクシーが走っています。

 

アメリカのタクシー=イエローカラー

というイメージがありますが、ラスベガスのタクシーの色・デザインは様々です。

 

タクシーかどうか、見分けるポイントはすべて車の屋根に看板を乗っけています。

様々な車種がありますが、料金は一律です。またラスベガス・ストリップエリアは路上で自由にタクシーの乗り降りができません。

 

必ず指定の場所での降車になります。(破るとドライバーが違反になります。)

ホテルの指定エリアから指定エリアまでの乗車がルールになりますので、近隣のホテルの場合、むしろ遠回りになることがあるのでご注意ください。

 

 

ラスベガスの移動手段④レンタカー

料金
  • レンタカー代
  • 保険代
  • ガソリン代(30ドル前後)
  • 国際免許(2350円)
駐車料金

セルフパーキング

6〜18ドル(各ホテルによりばらばら)

注意点
  • 年齢21歳以上でなければ借りられない会社が多い
  • デポジットを払う会社もある

 

空港でレンタカーを借りる

ラスベガスでレンタカーを借りる場合、もっとも一般的な方法はラスベガス空港(マッカラン)で借りる方法です。

フロントでパスポート、日本の運転免許証、国際免許証を提示します。

 

ラスベガスでは21歳以上でなければ車を貸してくれませんので、ご注意ください。

また外国人の場合、デポジットを一時的に払います。(レンタカー返却時に返金されます。)

レンタカー会社や車のプランによって異なりますが、およそ500ドルくらいです。

 

最短30秒でオススメが見つかるラスベガスのレンタカー比較サイト

レンディングカーズ

https://www.rentingcarz.com/ja/north-america/usa/nevada/las-vegas/las/?affiliate=rasubegasu

 

<レンタカー関連記事>

ラスベガスのレンタカーエイビスAvisが一番良い理由

どっちがお得?レンタカーでグランドキャニオンV.Sツアーでグランドキャニオン

 

ガソリン代について

ガソリンに関しては、返却の際、満タンで返す会社とそのままでいい会社がありますので、フロントで確認するといいです。

安いガソリンスタンドを見つける方法はGasBuddy.com(英語)を使うと便利です。

 

▼GasBuddy.com

https://www.gasbuddy.com

 

駐車料金について

 

2017年を堺にラスベガスのホテルでは駐車料金が発生するようになりました。

2019年現在ではほとんどすべてのホテル駐車場で料金が発生します。

 

ラスベガスの駐車場は2種類あります。セルフパーキング(Self Parking)とバレーパーキング(Balet Parking)です。

セルフパーキングは自ら駐車する、一般的な駐車方法です。バレーパーキングは係員に鍵を渡し、代わりに車を停めてもらう方法です。

 

バレーパーキングはラクですが、セルフパーキングよりもお金がかかります。

また係員へのチップも必要になります。(相場1〜5ドル、ホテルのグレードによる。)

 

駐車料金の関連記事

ラスベガス駐車料金を払わなくて済む方法を紹介

 

ラスベガスの移動手段⑤Uberウーバー

 
料金Uberアプリで乗車前に見積もりしてくれます
主な料金の目安
  • 12ドル:マッカラン空港→ベラージオ
  • 14ドル:マッカラン空港→サーカス・サーカス
  • 18ドル:マッカラン空港→プレミアム・アウトレットノース

※上記の値段はあくまで目安です。渋滞時は値段が高くなります。

注意点利用時はネット環境が必要。レンタルWiFi必須。
 

Uberとは

アプリをつかった配車サービスです。スマホで目的地・ルートを指定でき、乗車前に料金の見積もりをとってくれます。

会計もアプリ一つで済むため、現金もお財布も必要ありません。

アメリカでは急速にUber利用者が増え、タクシー会社が倒産しはじめています。

 

▼Uberについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事でわかりやすくまとめています。

【Uberウーバーの使い方】注意点を経験者が語ります。

 

タクシーよりも安く、サービスが良い

 

Uberの魅力はタクシーよりも料金が安いことです。

利用距離が遠ければ遠いほどタクシーよりも安くなります。

 

またサービスも素晴らしく、ドライバーとユーザーの相互レビュー性になっています。

仮にお客様からのレビュー評価が著しく悪い場合、ドライバーはクビになってしまうため、高評価のドライバーしか残らないシステムになっています。

 

▼以下の記事にUberの割引クーポンの使い方を紹介しています。

【Uberクーポン】プロモーションコードを使って無料で乗車する方法

 

WiFiがないと利用できない

Uberはネット環境が必須です。

ラスベガスで利用する際は日本からレンタルWiFiを持っていくことをオススメします。

 

▼ラスベガスで失敗しないルーターの選び方を以下の記事で紹介しています。

ラスベガス・グランドキャニオン旅行必携レンタルWiFiの選び方

 

スポンサーリンク