こんにちは!

ラスベガス在住のマーク(@rasubegasu_)です。

 

当記事は海外レンタカー比較サイト、イージーレンタカーのメリット&デメリットをまとめました。

 

この記事には以下の疑問にお応えします。
「イージーレンタカーって聞いたこと無いけど、本当にオトク?」
「イージーレンタカーのデメリットが知りたい。思わぬ落とし穴ってないの?」



イージーレンタカーって信用して大丈夫?

「海外でレンタカーの予約って面倒ではないですか?」
そもそも日本でもレンタカーを借りる機会が少ないのに、アメリカで上手く借りれるか心配に思う方も多いはず。
当記事は私が実際に10回以上利用したレンタカー比較サイト、イージーレンタカーのメリット&デメリットをまとめました。
イージーレンタカーを紹介したサイトは他にもいくつかありますが、実際に10回以上利用した人の情報は少ないはず。
現地アメリカで使ってみたからわかる”生きた情報”を紹介します。

イージーレンタカー4つのメリット

イージーレンタカー5つのメリット
  1. 世界10万箇所でレンタルできる
  2. 最低価格を保証&キャンセル料無料
  3. 7大特典キャンペーン
  4. 値下げプロテクター
  5. 車両保険が安い

1. 世界10万箇所でレンタルできる

レンタカー会社対応国レンタカー会社レンタル拠点数
イージーレンタカー200ヵ国以上900社以上100,000ヵ所以上
レンタルカーズ160ヵ国以上900社以上60,000ヵ所以上
レンティングカーズ50ヵ国未満100社未満100社未満

イージーレンタカーは海外レンタカー比較サイト大手のレンタルカーズを抜いて、取り扱いレンタカー会社、拠点数でナンバーワンになりました。

多くのレンタカー会社と提携することで、よりサービスの競争になるため利用者側のメリットは大きいです。

 

またアメリカのような国土が広いエリアでは多くの拠点数がないとレンタカー会社までの移動にタクシーやバスを使わないといけなくなります。

比較検討のバリエーションが増え、かつ利便性も高いのがイージーレンタカーの特徴です。

 

2. 最低価格を保証&キャンセル料無料

イージーレンタカーでは当日のキャンセルを除く、すべてのタイミングでキャンセル料無料を謳っています。

さらに他サイトのレンタカー代が安かった場合、100%の返金保証も行っています。

尚、他サイトの料金が安い場合はポイントや割引クーポンなどを使用していない正規の金額との比較が対象になります。

 

3. 7大特典キャンペーン

  1. 新規登録&初回利用5%割引
  2. アプリダウンロード〜6000円引き
  3. 地域別キャンペーン10%〜40%割引
  4. 誕生日クーポン1000円割引〜
  5. メルマガ登録割引
  6. 支払い金額対して10%ポイント付与
  7. 友達紹介キャンペーン

 

イージーレンタカーは逆にこちらが心配になるほど多くのキャンペーン割引を行っています。

エリアや合計レンタル金額によりすべてのキャンペーンを同時に使うことは不可能ですが、必ず何かしらのキャンペーンを使うことはできます。

 

ここまで熱心にキャンペーンをする理由はイージーレンタカーが新しいサービスゆえまだまだ知名度が低いからです。

新規顧客を増やすために本気で取り組んでいます。

 

ある意味知名度が高くない今だからこそ他の会社よりもオトクにレンタルできる時期とも言えます。

 

※キャンペーンの内容や割引金額は常に変化します。あくまで参考値です。

    4. 値下げプロテクター

    イージーレンタカー独自のサービス、値下げプロテクター!
    果たしてどんなサービスなのでしょうか?
    値下げプロテクターを使うと予約後に急に値下がりした場合、自動で再予約をしてくれ、しかも値下げ分の差額を返金してくれる超嬉しいサービスです。
    ほとんどの方が予約後、その後のレンタル価格を毎日チェックしないと思います。
    元々の料金12,810円12月28日〜29日(2日間)トヨタ カローラ
    値下げプロテクター、再予約後の料金10,120円12月28日〜29日(2日間)トヨタ カローラ
    差額2,690円12月28日〜29日(2日間)トヨタ カローラ
    値下げプロテクターは無料で受けられるサービスで、利用者は平均3000円の値下げに再予約に成功しています。
    他社のレンタカー比較サイトにはない強みです!

    5. 車両保険が安い

    イージーレンタカーではAXA(アクサ)の車両保険サービスを提供しています。
    保険内容の充実はもちろんのこと、現地のレンタカー会社の保険サービスよりも安いです。(金額はおよそ半額)
    ネットで事前にしかも日本語で保険内容が確認できるのもイージーレンタカーの魅力の一つです。

    イージーレンタカー4つのデメリット

    イージーレンタカー4つのデメリット
    1. 知名度が低い
    2. 保険加入済かどうか把握できていない
    3. 現金決済できない
    4. オンライン予約時に複数ドライバーの追加項目がない
    ここまでイージーレンタカーにいいところばかりを紹介してきました。
    いい話にはウラがあるもの…。デメリットが気になって方も多いハズです。
    ここではイージーレンタカーのデメリットも赤裸々に紹介していきます。

    1. 知名度が低い

    イージーレンタカーって何?」
    おそらくほとんどの方が聞いたことのないサービスだと思います。
    それもそのはずイージーレンタカーは2017年から始まった新サービスです。
    新サービスにも関わらず、2018年Magellan Awardsを受賞。
    同年Travolution AwardsRoad on Best部門にノミネートされるなど新サービスとは思えない急成長を遂げているサービスです。
    格安航空券を取り扱うスカイスキャナーともサービス提携しています。
    今でこそ、知名度が低いですが今後ネット上でも広告など頻繁に見かける機会が増えそうなサービスです。

    2. 保険加入済みかどうか把握できていない

    イージーレンタカーでは予約時に車両保険サービスに加入できます。

    日本でもTVCMでおなじみのAXA車両保険がアメリカ現地の保険よりも安く、金額はおよそ半値で加入可能です。

     

    ですが、現地レンタカー会社の受付はお客様がどの保険に入っているか把握していません。

    おそらく世界中にはイージーレンタカーのような比較サイトが無数にあり、すべてのサービスを把握するのが難しいためです。

     

    そうしますと、現地レンタカー会社の受付は自社の保険サービスを熱心にすすめてくることが多いです。

    すでにイージーレンタカーでAXA保険に入っている方は二重保険になってしまうので間違って加入しないようにしましょう。

     

    「熱心に保険をすすめてくる背景には通常価格を安く見せて自社レンタカー会社に誘導し、保険やオプションで儲けるビジネスモデルだからです。」

    「オプションで儲けるのは日本の大手通信キャリアみたいな作戦だね…」

    3. 現金決済できない

    オンライン予約時、また現地(アメリカ)での支払いも現金での決済に対応していません。

    これはイージーレンタカーの問題というよりもアメリカのレンタカー会社全体で現金決済をしていないからです。

     

    アメリカ旅行ではクレジットカードは最低2枚は必要です。

    2枚お持ちでない方は海外保険サービスが無料で付いてきて、年会費も無料な楽天カードとエポスカードがオススメです。

     

    https://rasubegasu.com/2018/12/29/ラスベガスでクレジットカードは必須!最低2枚/

    4. オンライン予約時に複数ドライバーの追加項目がない

    イージーレンタカーではネット予約の際に2人目、3人目など複数ドライバーの追加ができません。
    もしご家族や友人、お連れ様もアメリカで運転する場合はレンタル当日現地の各レンタカー会社窓口で伝え、追加料金を払いましょう。
    注意点は運転するすべてのドライバーはそれぞれ国際運転免許証が必要になります。
    ※追加料金は各レンタカー会社ごとによって異なります。

    イージーレンタカーメリット&デメリットまとめ

    いかがでしたか?
    イージーレンタカー は新しいサービスだけあって利用者を増やすためメリットが盛り沢山なサービスです。
    日本人にとってアメリカのレンタカー会社を比較するのは一苦労。
    日本語で同時に10社以上比較できてとても便利です。
    デメリットもいくつかありますが、使い方によっては特に大きな問題ではありません。
    まずはイージーレンタカーがどんなサイトなのか覗いてみてサービスを良さを実感してみてください。

     イージーレンタカーを使うべき4大メリット

    • 米国17社のレンタカー会社を瞬時に比較
    • キャンセル料無料
    • 最低価格保証(差額を返金してくれる)
    • すべて日本語で安心

    公式 イージーレンタカーを覗いてみる  

     

    実際にイージーレンタカーを使ってドライブした体験記事

     

     

    スポンサーリンク