こんにちは!マーク(@rasubegasu_)です。

今回はダラー(dollar)レンタカーで実際に車を借りてみた感想と注意点を紹介します。

 



ラスベガスレンタカーダラーdollar社で車を借りてみた。

 

今まで私はラスベガスにあるレンタカー会社4社(Avis、Fox、Budget、Thrifty)のサービスを比較してきました。

今回は第5回ということで自身初のダラー(dollar)社でレンタカーを借りて一泊二日ブライスキャニオンの旅に行って参りました。

 

ちなみにダラーでの予約方法は今回もレンタカー比較サイト、イージーレンタカーを使って車を借りました。

 

↑の画像がダラーレンタカーの予約内容です。

丸二日の利用、保険込みで11,398円でレンタルできました。

 

一日あたり5699円(保険込み)で計算するとお得に借りれた方ではないでしょうか。

ちなみに車種はシボレー・スパークになっていますが、または同等クラスとあるので当日どの車に乗るかは確定ではありません。

 

 

▽イージーレンタカーとは?ーアメリカのレンタカー会社の価格比較をしてくれる便利なサイトです。

使い方はこちらの記事で詳しく紹介しています。

ラスベガスでおすすめのレンタカーを比較する方法

  • 米国17社のレンタカー会社を瞬時に比較
  • 最低価格保証(差額を返金してくれる)
  • 初回利用は5000円OFF!!

公式 イージーレンタカーを覗いてみる

ラスベガスレンタカーダラーdollar社は手続きがスムーズ

ダラーでレンタカーを乗りに行くため、今回も空港側のレンタカーセンターにきました。

たまたま当日は改装中ということでフロアのサイズが半分になっていました。

「車を予約しています。手続きをお願いします。」

 

ダラー受付

「では最初に運転免許証とクレジットカードを出してください。保険はどのプランを選びますか?」

 

 

ダラー社では最初の予約確認のあと、車の保険プランを勧められました。

ダラーに限らず、今まで全てのレンタカー会社で同じ質問がありました。

 

おそらくレンタカー会社側では私がイージーレンタカーで保険に入っていることは把握していません。

 

これはイージーレンタカーに限らず、世界中に様々なレンタカー予約サイトがあるため、

どこの会社を経由してダラーで車を予約したのか受付のスタッフははっきりわからないようです。

 

「保険は大丈夫です。」

ダラー受付:「どこかで保険に入られていますか?」

「AXAの保険(イージーレンタカーで加入できる保険)に入っています。」

ダラー受付:「わかりました。ではこの用紙にレンタカー規約のサインをお願いします。」

ダラー受付:「以上です。お気をつけて。」

 

ダラー社では予約確認から手続き完了まで非常にスムーズでした。

スタッフによると思いますが、保険をしつこく勧めてきたり、ガソリンのオプションについての勧誘もなくあっさり受付を終えることができました。

↑写真は金曜平日の朝で、お客さんは私以外一組しかなくまったく混んでいませんでした。

 

駐車場に向かうと私の予約したカテゴリーのコンパクトカーはちょうど1台しかなく、日産2018年のVERSAになりました。

ニューメキシコ州のナンバープレートが後部に取り付けられています。

 

どうやらニューメキシコ州もナンバープレートは1箇所のみでOKのようです。

(駐車場内は暗いためガソリンスタンドで撮影しました。)

 

こちらが車内の様子の写真です。ホコリなどなく清潔です。

 

後部座席もキレイでした。

 

今回はパーフェクトと思いきや、汚れている箇所を発見しました。

シフトレバーに液体汚れがこびりついていました。

今までのレンタカー会社も一見綺麗に見えても、細かいところまでは綺麗に出来ないようです。

 

一番肝心な乗り心地、運転面に関しては何も問題ありませんでした。

今回はラスベガスからブライスキャニオンまでの往復で約870キロを運転しました。

 

最後の返却時も非常にスムーズです。

担当者がメーターの数をチェックするだけです。あとはレシートをその場でくれます。

傷や車の状態などは確認せず返却手続きは20秒で終了です。

 

ラスベガスレンタカーダラー(dollar)とは?

 

 

あらためてダラー(dollar)社とはどんなレンタカー会社なのでしょうか。

ダラーは1965年ロサンゼルスで生まれたレンタカー会社です。

 

創業以来順調に取扱い車数や営業所を増やしてきましたが2012年米国レンタカー業界シェアNo.1のハーツに買収されます。

 

↑画像にもあります通り、現在ではダラーはハーツ(Hertz)グループのレンタカー会社でハーツよりも安く車が借りられることが特徴です。

またダラーはThrifty社とは姉妹会社になります。

 

ハーツブランドはサービスも料金も高く、ダラーとThriftyは同じような価格帯でレンタカーサービスを提供しています。

マッカラン国際空港(ラスベガス)のレンタカーセンターではダラー社とThrifty社のレンタカーは共有しています。

 

従いまして、ダラー社とThrifty社それぞれ車のレンタル金額は違いますが、実際に乗る車自体は一緒になります。

  • 米国17社のレンタカー会社を瞬時に比較
  • 最低価格保証(差額を返金してくれる)
  • 初回利用は5000円OFF!!

公式 イージーレンタカーを覗いてみる

ラスベガスレンタカーダラーはアリかナシか?

ダラーdollar2つのメリット

  1. 受付手続きがカンタン(オプション勧誘がなかった。)
  2. 最大手のハーツよりもレンタル料金が3割安い

 

私が実際にダラーでレンタカーを借り、オススメできる点は主に2つあります。

1つは受付窓口の対応がスムーズだったことです。

保険の有無の確認はあったものの、しつこく保険を勧めてきたり、ガソリンのオプションの勧誘などがなくカンタンに終わりました。

 

コンパクトカー

(シボレー・スパーク)

セダン

(フォルクスワーゲン・ジェッタ)

Hertz16,308円19,921円
dollar12,589円14,426円
Thrifty9,241円14,426円

 

2つ目は価格の安さです。上記の表は丸一日レンタカーを借りた場合のハーツグループ内での料金比較です。

親会社のハーツはサービスはいいですが、料金は常に高めに設定されています。ダラーと比べ金額差は2割〜3割ほど高いです。

 

私はダラーの受付や車は問題なかった為、ハーツよりも安いのであればダラーは全然アリだと思います。

ダラーの姉妹会社、Thriftyも価格は安いですが、マッカラン国際空港レンタカーセンターは受付が少なく、ガソリンのオプションなど何かと勧めて来られ少々面倒でした。

英語が不慣れな日本人旅行者のことを配慮するとThriftyはあまりオススメではありません。

 

結論:ダラーはアリ。理由:受付でのやりとりがスムーズで、レンタル金額も安い。

 

▽以下の記事はすべてイージーレンタカーを使って予約しました。

今後も体験記事を増やしていきますので楽しみにお待ち下さい。

【ラスベガスレンタカー】オープンカーに実際に乗ってわかった注意点

ラスベガスでレンタカーを借りた実際の費用と注意点を紹介【Thrifty社の場合】

 

 イージーレンタカーを使うべき4大メリット

  • 米国17社のレンタカー会社を瞬時に比較
  • キャンセル料無料
  • 最低価格保証(差額を返金してくれる)
  • 初回利用は合計金額から5000円OFF!!

公式 イージーレンタカーを覗いてみる  

 

私が実際に利用したラスベガスレンタカー会社の体験記事一覧

スポンサーリンク