こんにちは!

ラスベガス在住のマーク(@rasubegasu_)です。

 

当記事はラスベガス観光地からアクセスの良いカタナヤラーメンの辛口レビュー記事です。

 

この記事には以下の内容を紹介しています。
ラスベガスで話題のラーメン店を地元人が辛口レビュー。
日本の旅行者に本当に美味しいラーメン店を紹介する記事です。

 



ラスベガスラーメン刀屋の行き方

(↑クリックで拡大)

 

ラスベガスリピーターの方にとってはおそらくおなじみのラーメン店カタナヤ。

開業時は超狭い敷地面積で家賃350万円以上という悪条件でしたが、ここ最近お店が大きくなりメニューもパワーアップしました。

昔のカタナヤ紹介記事はこちら

【ラスベガス】ラーメン 刀屋カタナヤどうしても観光中に日本食が食べたい方へ

 

ラーメンの値段も観光地らしい値段に路線変更したように見え、ストリップエリアのラーメン店としてアメリカ人にも広く認知されています。

 

 

場所はベラージオ噴水の向かい側、バリーズホテル前にグランドバザーショップスのエリアにあります。

他のラーメン店と比べ抜群にアクセスが良いため夜カタナヤでラーメンをすすっていく日本人観光客も多いです。

 

ラーメン カタナヤ(Ramen Katanaya)

営業時間:毎日10:00〜23:00 

住所:

店内の広さ:全席テーブル席36

公式サイト:http://www.ramen-katanaya.com(注:情報がアップデートされていません。)

 



ラスベガスラーメンカタナヤへ実際に行ってみた。

私は2年ぶりに来店しました。

席数も格段に増え、内装もオシャレになっています。

やはり一等地なのでお昼時にはお客さんも多いです。

ラーメンカタナヤのメニュー

(クリックで拡大↑)

こちらがカタナヤのメニューです。

実は公式サイトはまったく更新されておらずメニューは古いままです。

ラーメンやカレー、丼ものを注文することができます。

 

今回はお店で一番人気のラーメン、横綱ラーメンをチョイス。

カタナヤのオーナーは元力士というところから横綱というネーミングが使われています。

 

カタナヤのラーメンはそれぞれ6種類のスープを選ぶことができます。

今回はとんこつにしました。(横綱ラーメンとんこつ味15.50ドル

 

ちなみにスープは以下の6種類です。

  1. 味噌
  2. スパイシー味噌
  3. 豚骨
  4. スパイシー豚骨
  5. 醤油
  6. レモン塩

 

横綱ラーメンとんこつ味(Yokozuna Ramen)

横綱ラーメンとんこつ味(15.50ドル)

横綱という名前にふさわしい良い意味でも悪い意味でもインパクト大なラーメンがこちらです。

 

具材はたまご1個、チャーシュー2枚、餃子2個、唐揚げ2個、そこに生のレタスと生の人参(千切り)にしたものが入っています。

最後の野菜は完全にサラダをそのままラーメンにいれたようなかんじです。

 

食べる前にスープの温度チェックをします。

なぜ温度を測るかというと、米国(ラスベガス)のラーメンはスープがヌルいと言われています。

 

スープがヌルい理由は「ラスベガス大全」で詳しく紹介されています。↓

参考記事:ラスベガスのラーメンのスープがぬるいワケと対処方法

 

結論から言うとトッピングの具材の温度管理の関係からスープが冷えやすくなります

そのため、表面温度は60℃近くなりヌルく感じてしまいます。

 

一方スープの奥底の温度は違います。

最初にスープを飲む場合、奥底からすくって飲むとヌルくなく、むしろアツアツのスープが飲めます。

 

ちなみにラーメンの適温は70℃〜80℃といわれていますので、横綱ラーメンはギリギリセーフです。

 

最初はスープからいただきます。

表面にはマー油がのっていました。

味はあっさりしていて家庭で作るとんこつラーメン、インスタントのとんこつの味に近いです。

 

麺はちぢれ中太麺。トッピングの見た目とは裏腹に麺はふつうに美味しいです。

よほどのこだわりがなければ文句のないレベルです。

 



変わり種トッピング、最初はチャーシュー。

写真からご覧いただける通り、味が染み込んでないです。

食感は固くないだけにもったいない。

卵は半熟の味玉にしてほしかったです。

ラスベガスでも卵は半熟味玉がスタンダードなだけに手抜きしている感は否めません。

ここからさらに個性的なトッピングを食べていきます。

唐揚げは塩気が強めでした。ラーメン用に作られたとは考えられないのでもう少し改善してください。

 

最後に揚餃子、皮の中に豚骨スープがひたって、唐揚げほど悪くはありません。

味はともかくお腹はいっぱいになりました。

本日もごちそうさまでした。

 

ラーメンカタナヤお会計

    1. 横綱ラーメンとんこつ15.50ドル
    消費税8.25%1.28ドル
    合計 *チップは含まれておりません16.78ドル
    チップ 15%〜20%2.32〜3.1ドル

     

    今回は横綱ラーメンにさまざまなトッピングがされていたため、サイドメニューは注文しませんでした。

    (そもそもトッピングとサイドメニューがかぶります。)

     

    日本から考えるとラーメン1杯で2000円近くなるため高いですが、一等地のため仕方無い部分はあります。

    開業当時は安い手頃な価格設定のイメージが強かったですが、観光地の一等地らしい価格に改定、ある意味路線変更しています。

     

    結果的にお店が大きくなっているため経営戦略的には正しかったのではないでしょうか。

    地元民はまず訪れない場所、特に駐車場に15ドル以上わざわざ払って来るところではないため90%以上が観光客のお客さんです。



    ラスベガスラーメンカタナヤ総評・辛口レビュー7段階

    ラーメン刀屋 辛口7段階評価
    スープ:★★☆☆☆☆☆
    麺:★★★☆☆☆☆
    具:★★☆☆☆☆☆
    量:★★★★★★☆
    立地性:★★★★★★★
    ラスベガスマニア度(3段階):★☆☆
    金額:10.85〜15.80ドル(2019年10月現在)

    総合評価:★★★☆☆☆☆

     

    ラスベガスにオープンしてから数年たち、ストリップでラーメンといえばここ!というくらい有名になりました。

    今でもストリップのラーメン専門店はカタナヤだけです。

     

    競合にあたるMomofukuやSekushi Japanese Restaurantのラーメンも格別に旨いというわけではないので、今後もカタナヤは安泰ではないかと思います。

     

    立地が良いだけにもう少しクオリティにこだわるとラーメン空モンタのお客さんも獲得できるのではないかと思います。

     

    リピあり・なし

    残念ながら今回はリピなしです。

     

    やはり味がイマイチです。(辛口ですみません)

    スープを濃厚に、トッピングも一つ一つ考えて改良することで劇的に味が良くなると思います。(素人なのに偉そうですみません。)

     

    ラーメン カタナヤ(Ramen Katanaya)

    営業時間:毎日10:00〜23:00 

    住所:

    店内の広さ:全席テーブル席36

    公式サイト:http://www.ramen-katanaya.com(注:情報がアップデートされていません。)

     

    ▽ラスベガス・アメリカ旅行ではネット環境は必須です!

    ラスベガスでもグランドキャニオンでもつながるUSデータがオススメです。

    【ラスベガスWiFi】USデータ(U.S. DATA)クーポン・キャンペーン情報2019

     
     
     
    アメリカ・ラスベガスでおすすめのレンタルwifi
     
    コスパで選ぶのなら「USデータ」がおすすめ!
    • 4G回線が業界最安の930円
    • データが完全無制限

    >>「USデータ」を覗いてみる

     

     

     

    こちらの記事も読まれています

    ラスベガスラーメンMontaモンタの行き方と地元人による辛口レビュー

    ラスベガスおすすめグルメ・レストランBEST10【地元人が教えます】

     

    ラスベガスらーめん19店を食べ歩いた個人的にリピしたいお店リストの上位店(随時更新)

    総合評価店名価格
    ★★★★★★☆(6.0)陣ジンヤ・ラーメン・バー11.00〜18.00ドル
    ★★★★★☆☆(5.0)ラーメン空(北海道の名店)8.00〜10.90ドル
    ★★★★★☆☆(5.0)Montaラーメン6.95〜7.95ドル
    ★★★★★☆☆(5.0)ラーメン嵐7.95〜11.95ドル
    ★★★★★☆☆(5.0)ラーメン匠(ショウ)10.00〜14.00ドル
    ★★★★★☆☆(5.0)Sojoラーメン8.95〜12.95ドル
    ★★★★★☆☆(4.5)ラーメンKobo(Montaラーメン姉妹店)8.95ドル〜

    ※評価やランキングは個人的見解になります。

    総合評価はラーメンの味だけでなく、価格、立地、サービスも考慮した総合点です。

     

    金額はあくまで目安です。

    ラスベガスは物価上昇が激しいため毎年金額が変わります。

    スポンサーリンク