こんにちは!

ラスベガス在住のマーク(@rasubegasu_)です。

 

当記事はラスベガスにできたばかりの新しいラーメン店、匠の紹介&辛口レビューです。

 

この記事には以下の内容を紹介しています。
ラスベガスで話題のラーメン店を地元人が辛口レビュー。
日本の旅行者に本当に美味しいラーメン店を紹介する記事です。



ラスベガスラーメン匠(ショウ)への行き方

(↑クリックで拡大)

ラーメン匠(ショウ)Ramen Show

営業時間:(平日11:30〜14:30、17:30〜23:00)(土曜日11:30〜23:00)日曜休み

住所:

店内の広さ:カウンター席8、テーブル席20

公式インスタグラムramen.show

 

ラーメン匠はストリップの南西にあり、ベラージオホテルからは車で約25分となかなか距離があります。

特に周りには観光スポットがないため、レンタカー利用者でないと、時間と移動費がかかってしまいがちです。

 



ラスベガスラーメン匠(ショウ)へ実際に行ってみた

ラーメン匠は日本人の方が経営するお店。

店内は天井が高く開放感があります。新しいお店とだけあって非常に清潔でした。

 

ラーメン匠ショウのメニュー

(↑クリックで拡大)

ラーメン匠のメニューは写真がないものの、説明文まで日本語で書かれているので日本人にとってはありがたいです。

今回は私の友人からオススメされた”つけ麺”を選択しました。

 

ラスベガスではつけ麺を提供しているお店はかなり少なく、専門店は0です。

どんな味なのか今からワクワクします。

 

(↑クリックで拡大)

サイドメニューは人気の唐揚げをチョイス。

「たこわさ」や「イカゲソ唐揚げ」など、ラーメン屋としては珍しいサイドメニューがあります。

日本の居酒屋のようです。

 



つけ麺

つけめん(Tsukemen 11.00ドル)

トッピングには半熟の卵(半分)とチャーシュー1枚、メンマが少々ついてきます。

 

インスタグラムで事前につけ麺をチェックしていたのですが、容器が黒になっていて個人的には今の状態の方が見栄えがいいです。

特にトッピングは量が多いわけではないないので、白の容器だとチープに見えてしまいます。

 

麺はこだわりの自家製麺を使用。

ご覧の通り食べごたえのある太麺です。

 

食事してから気づいたのですが、ちょっと量が少ないです。

おそらくですが、つけ麺を作るのにコストがかかっているからでしょうか。

 

食べる前にスープの温度チェックです。

なぜ温度を測るかというと、米国(ラスベガス)のラーメンはスープがヌルいと言われています。

 

スープがヌルい理由は「ラスベガス大全」で詳しく紹介されています。↓

参考記事:ラスベガスのラーメンのスープがぬるいワケと対処方法

 

結論から言うとトッピングの具材の温度管理の関係からスープが冷えやすくなります

そのため、表面温度は60℃近くなりヌルく感じてしまいます。

 

一方スープの奥底の温度は違います。

最初にスープを飲む場合、奥底からすくって飲むとヌルくなく、むしろアツアツのスープが飲めます。

 

ちなみにラーメンの適温は70℃〜80℃といわれていますので、今回のつけ麺は71.5℃でクリアです。



まずはつけダレのスープの味見です。

魚介のダシが効いていて濃厚。

ゆずのピールも入っていて日本で食べるつけ麺と同じです!

 

ラスベガスでちゃんとしたつけ麺が食べれて感動しました!

良く味わっていると、細かく切った椎茸もスープに入っていました。

とにかくダシが効いています。

 

自家製麺をつけダレで食べます。

太麺が濃厚スープにマッチして美味いです。

 

麺の味を確かめるためにスープにつけず麺だけで食べてみました。

…麺単体の味の印象はうすかったですがスープとマッチしているので良しとしましょう。

 

追加トッピングなしのデフォルトで大きなチャーシューがついてくるのも嬉しいポイントです。

唐揚げ(5個)

唐揚げ(Karaage 4.95ドル)

唐揚げは一口大サイズが5つ。

マヨネーズとレモンがついてきました。

 

当日はレモンが吹っ飛んでいて何か雑でした。

サイズも小さすぎて絞れないです。

 

 

衣がサクサクで、中身はジューシュー。

期待したとおりの旨さです。

ごちそうさまでした!!

 

ラーメン匠 お会計

    1. つけ麺11.00ドル
    2. 唐揚げ4.95ドル
    消費税8.25%1.32ドル
    合計 *チップを含んでません。17.27ドル

     

    メニューの金額はローカルエリアとしては平均的な金額設定です。

    むしろラスベガスで自家製麺と魚介系のスープを作るのにコストが結構かかっていそうです。

     



    ラスベガスラーメン匠(ショウ)総評・辛口レビュー7段階

    ラーメン匠 辛口7段階評価
    スープ:★★★★★★☆
    麺:★★★☆☆☆☆
    具:★★★★☆☆☆
    量:★★★☆☆☆☆
    立地性:★★☆☆☆☆☆
    サイドメニュー満足度(3段階)★★☆
    店内の清潔さ(3段階)★★★
    ラスベガスマニア度(3段階):★★★
    金額:10.00〜14.0ドル(2019年8月現在)
    日本語を話す店員:あり
    総合評価:★★★★★☆☆

     

    友人の紹介で匠のつけ麺を食べました。

     

    まさかラスベガスでこんなに本格的なつけ麺が食べれるとは思っていなかったです。

    サイドメニューは居酒屋に近くつまみ系が多いのが特徴です。

     

    店内も面積は広い方ではありませんが、天井が高く開放感があります。

    新店のためとてもきれいで清潔です。

     

    唯一難点は立地です。

    観光地から遠いため、レンタカーが必要になります。

    よって総合評価は★5としました。

     

    リピあり・なし

    今回はリピありです。

    濃厚魚介つけ麺が食べたくなったらまた来たいと思います。

     

    メニューはマグロを使ったユニークなラーメンもあります。

    これもどんな味がするのか気になります。

     

    ラーメン匠(ショウ)Ramen Show

    営業時間:(平日11:30〜14:30、17:30〜23:00)(土曜日11:30〜23:00)日曜休み

    住所:

    店内の広さ:カウンター席8、テーブル席20

    公式インスタグラムramen.show

     

    ▽ラスベガス・アメリカ旅行ではネット環境は必須です!

    ラスベガスでもグランドキャニオンでもつながるUSデータがオススメです。

    【ラスベガスWiFi】USデータ(U.S. DATA)クーポン・キャンペーン情報2019

     
     
     
    アメリカ・ラスベガスでおすすめのレンタルwifi
     
    コスパで選ぶのなら「USデータ」がおすすめ!
    • 4G回線が業界最安の930円
    • データが完全無制限

    >>「USデータ」を覗いてみる

     

     

    こちらの記事も読まれています

    ラスベガスラーメンJINYA陣ジンヤの行き方と地元人による辛口レビュー

    ラスベガス在住日本人はここで日本食を買ってます。

     

    ラスベガスらーめん16店を食べ歩いた個人的にリピしたいお店リストの上位店(随時更新)

    総合評価店名価格
    ★★★★★★☆(6.0)陣ジンヤ・ラーメン・バー11.00〜18.00ドル
    ★★★★★☆☆(5.0)ラーメン空(北海道の名店)8.00〜10.90ドル
    ★★★★★☆☆(5.0)Montaラーメン6.95〜7.95ドル
    ★★★★★☆☆(5.0)ラーメン嵐7.95〜11.95ドル
    ★★★★★☆☆(5.0)ラーメン匠(ショウ)10.00〜14.00ドル
    ★★★★★☆☆(5.0)Sojoラーメン8.95〜12.95ドル
    ★★★★★☆☆(4.5)ラーメンKobo(Montaラーメン姉妹店)8.95ドル〜

    ※評価やランキングは個人的見解になります。

    総合評価はラーメンの味だけでなく、価格、立地、サービスも考慮した総合点です。

     

    金額はあくまで目安です。

    ラスベガスは物価上昇が激しいため毎年金額が変わります。

     

    スポンサーリンク