こんにちは!

マーク(@rasubegasu_)です。

 

今回はUSデータをレンタルする前に知っておきたいメリットとデメリットをまとめました。

これを読めばレンタルwifi選びに失敗することはありません!

 

USデータ3つのメリット

USデータ3つのメリット

  1. 料金の安さは業界一
  2. 通信量は無制限なので動画も見放題
  3. 自宅への配送は往復無料

 

メリットその1. 料金の安さは業界一

 

930円*/日1580円*/日1250円*/日
 
 
*…各社料金はキャンペーンなしの通常料金で掲載しています。
 
データ通信量…各社様々なプランがありますが、4G回線でデータ容量が近いサービスを抜粋して掲載しています。
 
 

大手wifiレンタルと比べ、USデータは圧倒的に料金が安いです。4G無制限プランが1000円以下で利用できます。

また上記の料金は基本料金のため、1ヶ月前からの予約でさらに10%割引が適用され、キャンペーンによってはガンガン安くなります。

 

メリットその2. 通信量は完全無制限なので動画も見放題

一昔前と比べ、動画の役割は大きくなってきています。

Youtubeで観光地の様子や気になるカフェ・レストランを調べることができます。

 

動画は英語で調べるよりも情報量が多く速いです。

これからはデータ通信量無制限がスタンダードになっていきます。

 

また同時に10台までネット接続できるため、友人や家族とシェアした際にデータ通信量を気にしなくてもいいのは大きなメリットです。

 

 

SUPERプランBIGプランbasicプラン
無制限700MB(エリアが狭い)700MB
930円(税込み)690円(税込み)780円(税込み)

注意:無制限プランはSUPERだけです。

 

メリットその3. 自宅への配送が往復無料

wifiをレンタルする際、受け取り方法を空港か配送か選ぶことができます。

USデータは指定の場所に配送でき、返送も含めて送料が一切かかりません

 

ゴールデンウィークやお盆休みなど超混雑時は空港受取も一苦労です。

自宅に送って貰う場合、配送料無料で2日前に届きます。

 

事前にレンタルwifiに触れておくことで現地での接続や使い方の心配もなくなります。

海外旅行の際は出発から現地到着までやることが沢山あります。

 

事前にwifiの問題をクリアしておくことで当日の負担を減らせることは旅行者にとって大きなメリットです。

 

USデータ3つのデメリット

USデータ3つのデメリット

  1. 周遊プランがない
  2. 知名度が低い
  3. ウェブサイトの申込画面が見づらい

 

デメリットその1. 周遊プランがない

 

周遊プランとは一度帰国せずに、一回の旅で2カ国、3カ国を回る旅行のことを言います。

主にヨーロッパ圏やアジア圏での旅行が該当します。

 

USデータの場合はアメリカのみしか利用ができません。

カナダやメキシコなど他の国も同時に旅をする場合は注意が必要です。

 

デメリットその2. 知名度が低い

 

USデータは2019年で会社13年目を迎えますが、まだまだ知名度が低いです。

2018年から比較すると利用者の数が毎月増えています。

 

もしかすると、広告費をあまりかけず、その分の利用料を安くしている方針なのかもしれません。

 

デメリットその3. ウェブサイトの申込画面が見づらい

 

大手レンタルWiFiの会社と比べると、ウェブサイトが見づらいです。(字数が多すぎ)

改善してわかりやすくしてほしいと思います。

 

 
 
 
アメリカ・ラスベガスでおすすめのレンタルwifi
 
コスパで選ぶのなら「USデータ」がおすすめ!
  • 4G回線が業界最安の930円
  • データが完全無制限

>>「USデータ」を覗いてみる

 

USデータをレンタルする前に気になる点

 

wifi端末の性能

 

USデータは3つのプランがあります。

今回紹介した無制限プラン(SUPER)のwifi端末の性能は以下の通りです。

 

WiFi端末の性能

  • 下り最大450Mbps
  • 同時接続10台まで
  • 連続通信時間17時間
  • 通信エリアが広い

 

通信時間は17時間とかなり長いですが、バッテリーは17時間も持たないので電源に接続した状態での時間になります。

 

通信エリアに関してはAT&Tの回線を使います。

アメリカ通信会社でNo.2の会社です。

 

カリフォルニアラスベガスなどの砂漠地帯でもつながりやすいです。

 

補償やオプション

 

補償は「安心補償」1日あたり200円というサービスがあります。

補償の内容はwifi本体や付属のケーブルの破損・紛失をカバーしてくれます。

 

100%補償なので、安心補償に加入しておけば万が一トラブルが起きても負担額は0になります。

 

オプションについては1つしかありません。

モバイルバッテリーです。

 

1日100円でレンタルできますが、スマホのモバイルバッテリーでも充電できるのであえて借りるメリットは少ないです。

 

キャンセル料について

 

出発日の3日前より1台につき1,620円(税込)のキャンセル手数料がかかります。

 

やむを得ずご出発日当日以降にキャンセルが発生する場合はキャンセル手数料+当社が連絡を受けた時点(第三者からの連絡を含む)までの日数分レンタル料金が発生します。

 

▽USデータの評判が気になる方はこちらも参考にしてみてください。

U.S. DATA(USデータ)の口コミと評判をまとめてみた

 
 
 
アメリカ・ラスベガスでおすすめのレンタルwifi
 
コスパで選ぶのなら「USデータ」がおすすめ!
  • 4G回線が業界最安の930円
  • データが完全無制限

>>「USデータ」を覗いてみる