こんにちは!

マーク(@rasubegasu_)です。

 

今回はアメリカでオススメのレンタルwifiのUSデータについてご紹介します。

正直、知名度だけでイモトのWiFiやグローバルWiFiを選んでしまうと料金で損をしています。

 

オトクにレンタルwifiを使いたい方は必見の内容です。



ラスベガスでおすすめのwifiレンタル「USデータ」は3タイプ

 

USデータは3つのプランから選ぶことができます。

それぞれの性能と価格差は以下の表を御覧ください。

 

プランスーパー
U.S.データ
U.S.データ
basic
U.S.データ
BIG
料金(税込価格)930円/日780円/日690円/日
容量(1日)無制限700MB700MB
バッテリー持ち17時間13時間8時間
通信速度超高速 4G LTE
(下り最大450Mbps)
高速 4G LTE
(下り最大100Mbps)
アメリカ通信会社at&tベライゾンT-mobile
通信エリア都市○/郊外○都市○/郊外○都市○/郊外△

 

どのような基準で選べばいいか迷ってしまう方向けに一つひとつのプランを詳しく解説していきます。

 

USデータBIG

USデータでもっともお手頃価格(690円)なプランです。

データ通信料が700MB/日のため、動画をガンガン見ない限り問題ありません。

 

 

アメリカ通信会社がT-mobileのため、NYやLAなどの都市向きです。

郊外やアメリカ中西部の田舎ではつながりづらいエリアがあります。

 

こんな人にオススメ

  • ニューヨークなどの都市部での利用
  • メールやLINE、地図アプリの利用が中心の方

 

こんな人は注意!

  • アメリカ中西部やど田舎に行かれる方。
  • 沢山動画などを楽しまれる方

 

 

USデータbasic

BIGプランに比べ、通信エリアが広がっています。

アメリカNo.1通信会社ベライゾンのwifi端末です。

 

日本で言うところのdocomoに相当します。

通信は都市部から大自然までカバーしてます。

 

こんな人にオススメ

  • ニューヨークなどの都市部での利用
  • グランドキャニオンやヨセミテなどの大自然に行かれる方
  • アメリカ横断、ロードトリップをされる方

 

こんな人は注意!

  • 沢山動画などを楽しまれる方

 

 

スーパーUSデータ

USデータの中で唯一の通信量無制限のプランです。

そもそも他社は無制限プランがほとんどないため珍しいです。

 

 

しかも値段が税込み930円はかなりオトクです。

通信エリアも文句なし!質も安さも間違いなしのプランです。

 

こんな人にオススメ

  • YouTubeや Netflixなどの動画視聴を楽しまれる方
  • グランドキャニオンやヨセミテなどの大自然に行かれる方
  • アメリカ横断、ロードトリップをされる方

 

こんな人は注意!

  • ホテルにこもって外にほとんど出ない方

 

【ラスベガスWiFi】USデータのオプション・補償について

「USデータが安くてお得なのはわかったけど、結局申し込んだら高くついたってことはないの?」

「ケータイ会社みたいに知らないうちにオプションがついていたら最悪だよね。」

 

USデータのオプション・補償は非常にシンプルです。

まず、オプションはすべて選択性になっているため知らないうちに申し込んでいたというトラブルは起きません。

またオプションは現在2種類で自動翻訳機のポケトークか予備バッテリーの2つになります。

 

予備バッテリーに関しては100円/日とかなり安いですが、スマホの予備バッテリーと併用可能なので既にお持ちの方も多いと思います。

 

USデータの補償サービス

補償サービスは1日あたり200円で100%カバーしてくれます。

ものを無くしやすい方は加入して損はない内容です。

対象未加入安心補償(200円/1日)
本体の紛失・破損40,000円0円
予備バッテリーの紛失・破損3,000円0円
アダプター・USBコードの紛失・破損1,000円0円

 

【ラスベガスWiFi】USデータ受け取りから申し込みまでの流れ

 

USデータはすべてネットから申し込みです。

出発の前日まで申込みが可能です。

 

申し込むと以下のモノが自宅・もしくは指定の場所に届きます。

ちなみに送料は往復無料です。

 

往復無料は業界でも非常に珍しいサービスで、USデータの魅力の一つでもあります。

 

USデータ申込み後に郵送されてくるモノ

  1. WiFi端末(本体)
  2. アメリカ用充電器(変圧器不要)
  3. USBコード(本体充電用)
  4. 日本語マニュアル
  5. 返送用封筒

 

指定の場所へ配達・受け取り

 

自宅ではなく、どうしても空港で受け取りたい方は以下の空港で受け付けています。

空港によって申込締切日が異なりますのでご注意ください。

 

受取場所営業時間申込み締め切り時間
成田国際空港内第一ターミナル
QLライナーカウンター(4F 南ウイング)
6:30~20:30
(全日)
前日17:00までのお申込まで
(土・日・祝日は16:00まで)
成田国際空港内第二ターミナル
QLライナーカウンター(3F)
6:30~20:30
(全日)
羽田空港国際線ターミナル
JALエービーシーカウンター
(3F出発カウンター)
6:00~22:00
(全日)
お受取日の前々日17:00までのお申込みまで
(土・日・祝日は16:00まで)
※羽田空港でのお受取は、事前に受取手数料500円を頂戴します。
※お受取日とご出発日が異なる場合はお申し込みの際に必ず連絡事項に記載いただきますようお願い致します。
中部国際空港セントレア分室郵便局(1F)9:00~17:00
平日
ご出発3日前の14:00までのお申込まで
※月曜日9:00〜12:00までのお受取は、前週木曜日の14:00が最終のお申込みとなります。
関西国際空港ターミナルビル内郵便局(2F南)9:00~17:00
(全日)
ご出発3日前の14:00までのお申込まで
 
 
 
アメリカ・ラスベガスでおすすめのレンタルwifi
 
コスパで選ぶのなら「USデータ」がおすすめ!
  • 4G回線が業界最安の930円
  • データが完全無制限

>>「USデータ」を覗いてみる

 

 

【ラスベガスWiFi】USデータのクーポン・キャンペーン情報

 

2019年7月現在、USデータは2つのキャンペーンを行っています。

USデータ2つのキャンペーン

  1. 「早割」1ヶ月以上前に申込みをすると、定額データ通信料が10%OFF
  2. 「カーチャージャーレンタル無料」キャンペーン期間中、条件なしで無料

 

クーポンに関しては現在ありません。

新しい情報が入りましたら随時更新していきます。

 

 

▼さらに詳しく知りたい方は以下の記事が参考になります。

U.S. DATA(USデータ)クーポン・キャンペーン情報2019

 

ラスベガスでおすすめのwifiレンタル「USデータ」の口コミ

 

USデータは良い口コミが多いです。

なかにはアメリカのどのエリアでつながったか具体的にレビューを書いている人もいて非常に参考になります。

 

Y.Iさん

利用機種:スーパーU.S.データ
利用端末:スマートフォン
利用用途:インターネット

オーランドのディズニーランドではWi-Fiルーターは大活躍でした。ほとんどすべての情報が得られました。ありがとうございました。

引用:U.S.データ公式

 
 
Y.Aさん

利用機種:スーパーU.S.データ
利用端末:スマートフォン
利用用途:インターネット

手配や質問に迅速に答えて頂きありがとうございました。仕事の手際の良さを感じ取れる対応で大変感動しました。以前ハワイに行った際、無料のWi-Fiスポットを必死に探した経験があり、今回NYではそのようなことが無いようレンタルしました。2人でシェアしても速度など問題無く、とても便利でした。また利用します。ありがとうございました。とても楽しい旅になりました!

引用:U.S.データ公式

 

▼さらに詳しく知りたい方は以下の記事が参考になります。

口コミと評判を集めましたので是非参考にしてみてください。

U.S. DATA(USデータ)の口コミと評判をまとめてみた

 

U.S. DATA(USデータ)まとめ

まだまだ知名度が低いものの、調べれば調べるほど価格・質ともに文句なしです!

 

アラスカを除くアメリカ旅行(ハワイ・本土)の際はUSデータで間違いありません。

 
 
 
アメリカ・ラスベガスでおすすめのレンタルwifi
 
コスパで選ぶのなら「USデータ」がおすすめ!
  • 4G回線が業界最安の930円
  • データが完全無制限

>>「USデータ」を覗いてみる

 

 

スポンサーリンク