こんにちは!

ラスベガス在住のマーク(@rasubegasu_)です。

 

当記事はUberを快適に使うことができるように”もしも”の時の解決方法を紹介します。

 



Uberトラブル:迎えに来た車が見つからない

 

ローカルエリアで配車を依頼する時は建物の中や敷地内で待機せずに、車が停車しやすい道路脇で配車をまつことをおすすめします。

 

またホテルや空港での利用時は必ず指定の場所があります。(降りる時は基本的にどこでも降りられます。)

ドライバーはお客さんを見つけないと仕事にならないため必死にあなたを探しています。

 

可能であれば電話、もしくはアプリ内でメッセージを送ることをおすすめします。



Uberトラブル:乗車中ドライバーが事故を起こしてしまった

万が一、ドライバーが事故を起こしてしまった場合、病院に行かせるようにドライバーに促してください。

 

もし可能であれば、事故が起きた場所(Uberアプリや地図アプリでスクショ)を記録し、事故が起きた車の写真を撮影してください。

事故が起きた場合、ドライバーはUber本部に報告義務があります。ですが自分の身を守るために証拠写真を撮影しておくと手続きがよりスムーズになります。

 

Uberトラブル:車に荷物を置き忘れてしまった

忘れ物に気づいた場合、すぐにアプリから

「乗車情報」

「乗車の詳細」

「持ち物を紛失した」

「忘れ物についてドライバーに連絡したい」

を選択してください。

一番最後に通話可能な電話番号を入力します。

 

担当したドライバーからの連絡を待ちます。場合によってボイスメールで担当ドライバーから連絡が来ます。

もし見つかった場合はドライバーと連絡を取り合い忘れ物を受け取ります。

 

忘れ物を受け取る場合は手数料として15ドルアプリから請求がいきます。



忘れ物申請の方法を画像で解説①〜⑥

①アプリを起動し、乗車情報をタップします。

②置き忘れがあったとされる乗車情報を選びます。

③乗車の詳細から「持ち物を紛失した」を選択します。

④「忘れ物についてドライバー連絡したい」を選択します。

⑤英文が出てきますが、そのまま一番下までスクロールします。

⑥連絡可能な電話番号を選択します。アメリカ国内の電話番号をお持ちの方はアメリカの番号を選択できます。

 

置き忘れの保管期間は45日間

置き忘れがあった場合、ドライバーによってはUber Greenlight Hubと呼ばれるUberドライバーのサポートセンターに保管する方もいます。

もし仮に45日が過ぎてしまった場合、地元のチャリティに寄付されます。

 



Uberトラブル:ドライバーへの評価を変更したい

Uberアプリから

「乗車情報」

「乗車の詳細」

「ドライバーの評価を変更する」を選択すると最初からドライバーの評価をし直すことができます。

 

Uberトラブル:乗車後支払い方法を変更したい。

乗車後30日以内であれば、アプリで支払い方法の変更が可能です。

(例:AのクレジットカードからBのクレジットカードへ支払いを変更)

 

Uberトラブル:心当たりのない乗車料金の請求があった

Uberアプリから

「乗車情報」

「乗車の詳細」

「料金または手数料の再調査を依頼したい」

「心当たりのない乗車料金の請求があった」の項目を選ぶと日本語で詳細を入力しUber本部へ調査依頼の連絡をすることができます。

 



Uberトラブル:ドライバーにチップをあげ忘れてしまった

素晴らしいサービスだったのに、アプリの操作ミスでチップを渡し損ねてしまった…。

 

そんな時はアプリの「乗車情報」から再度ドライバーにチップを渡すことができます。

注意点はチップの増額はできますが、減額はできません。

 

Uberトラブル:トラブルに巻き込まれないようにするための対策

トラブル回避方法

  1. 人混みの少ない場所で配車しない、ワンランク上のサービスを選ぶ
  2. ナンバープレートとドライバーの名前

 

1. 人混みの少ない場所で配車しない、ワンランク上のサービスを選ぶ

アメリカは治安が良くない場所が多くあります。

人混みのほとんどない場所での配車はなるべく避けるようにしましょう。

 

もしどうしても配車が必要な場合はUber Selectなどワンランク上のより信頼の高いドライバーサービスを選ぶことをおすすめします。

ラスベガスでUber Selectを乗車体験した感想と口コミ!正直に話します。

 

2. ナンバープレートとドライバーの名前

Uber配車後すぐに乗車せずに、必ずナンバープレートと車種、ドライバーの名前を確認してください。

この3点が一致しない場合は乗車しないようにしてください

 

アメリカの他の都市でUberを装った車に乗ってしまい事件に巻き込まれた方(地元民)がいます。

特にナンバープレートは乗車前にアプリで通知がきます。ラスベガスの車は車両前方にナンバープレートがないものもあります。

車両後方を確認しましょう。

 

Uberトラブルまとめ

まだ日本で普及していないサービスでしかも英語圏のため、最初は戸惑うことも多いかと思います。

 

ですが、従来のタクシーと比べるとトラブルが起きてもより簡単に連絡がとれるようになっています。

世の中に完璧なサービスはありません。今後日本でもUberが普及するとより良いサポート体制ができるのではないかと期待しています。

 

 

▽Uberがはじめての方のために使い方の記事も書いています。

最大2000円分のクーポンも配布していますので是非チェックしてみてください。

Uber(ウーバー)の使い方と注意点!アメリカ・ラスベガス在住の経験者が教えます。

 

 

Uber(ウーバー)を使うべき3大メリット

  • タクシーより安く利用できる(距離によってはタクシーの半額)
  • 評価の高いドライバーが来てくれる
  • 決済がラク(アプリで決済。お財布いらず)

初回最大2000円割引クーポンコード:qybjexzhue

公式 Uber(ウーバー)を使ってみる

 

こちらの記事も読まれています

【ラスベガス】タクシーVS.Uber(ウーバー)比較体験レポ

【Uberクーポン】プロモーションコードを使って無料で乗車する方法【2019年8月随時更新】

 

スポンサーリンク