こんにちは!

ラスベガス在住のマーク(@rasubegasu_)です。

 

当記事は日本人が経営するラスベガスお寿司食べ放題マキノを紹介します。

 



ラスベガスのお寿司食べ放題マキノとは?

 

日本人オーナーのマキノ氏が1999年につくったお寿司・シーフード食べ放題レストランです。

もともとカリフォルニア州サンタモニカで寿司店(Todai)を大成功させ、ラスベガスに進出。

ラスベガスでは歴史が長く、ガイドブック掲載の常連店です。

 

日本人スタッフが多く働いているため、はじめての観光客でも安心して食事ができます。

メニューはお寿司に限らず、ラーメン、うどん、ステーキ、サラダ、中華など多岐にわたり、手作りの抹茶や小豆などのスイーツにも定評があります。

 

ラスベガスマキノの料金体系は?

*英語は子供12歳以下になっていますが、正しくは11歳以下であっているそうです。

 

お店に入るとオーナーのマキノさんの写真。料金表。

下にはずらーっと食品衛生に関する許可証が飾られています。

 

 

料金メニュー日本語訳

料金表大人子ども11歳以下かつ…
身長5ft(152.cm)以下4ft(122cm)以下
ランチ
月〜木$19.95$9.95$5.95
金〜日、米国の祝日$21.95$10.95$5.95
ディナー
月〜木$28.95$14.95$7.95
金〜日、米国の祝日$30.95$15.95$7.95

 

 

*英語は子供12歳以下になっていますが、正しくは11歳以下であっているそうです。

 

・三歳以下のお子さんは無料。

・65歳以上はID(パスポート提示)で大人料金から20%割引になります。(ディナーのみ)

・料金表には消費税が含まれていません(ネバダ州消費税8.265%)またドリンクは別料金です。

 

ラスベガスマキノの食べ放題メニュー

 

 

お店に入ると座席に通されます。お会計は食後で、時間は無制限です。

店内座席数はかなり多いです。

 

席につくとすぐにドリンクの注文が行われます。

ドリンクの種類

  • コーラ
  • ダイエットコーラ
  • スプライト
  • ピンク・レモネード
  • アイスティー
  • 緑茶(あたたかい)/(つめたい)
  • アップルジュース
  • オレンジジュース
  • クランベリージュース
  • ミネラルウォーター
  • コーヒー
  • 牛乳
  • クラブソーダ

    日本酒(あたたかい)/(つめたい)

    ビール

    • サッポロビール
    • キリンビール
    • アサヒビール
    • バドワイザー
    • バドワイザーライト

    ワイン

    • Chardonnay
    • White Zinfandel
    • Cabernet
    • Plum Wine

    *時期によって取扱に変更があるそうです。

    お寿司の種類

     

    ドリンク注文後はセルフで好きな物を選びます。通常の食べ放題とおなじです。

    いきなり、アメリカの個性的すぎるロールが目に飛び込みました。

     

     

    日本人なのに全然見たことのない寿司が並びまくりです。

    遠目でみたら美しいのですが、近くで見ると調味料だよりの味が想像できます。

     

     

    ディスプレイには青字で魚の名前が書かれていますが、雑すぎて参考にならないレベルです。

     

     

    隣にやっと見慣れたお寿司が登場。

    イカ、ビントロ、サーモン。握り寿司もちゃんとありました。

     

     

    子供が喜びそうな玉子やいなり、日本スタイルの巻き寿司もあります。

     

     

    まず一皿目はいかにも日本人っぽい握り中心で選びました。

    思ったりより、寿司ネタが大きく、味も悪くなかったです。

     

     

    お次は気になったものを詰め合わせました。いかにもアメリカらしい、人種のるつぼ…悪く言えばカオス…。

    味はやはり調味料、ソース重視ですので、興味本位で食べたほうがいいです。

     

     

    わさび、ガリなどもセルフサービスです。にしてもこの量と盛り方!これもアメリカらしいですね。

    ソースなんかは周りが汚れてきて不衛生さを感じさせてしまいます。

    その他のメニュー

     

    他にはシーフード、牡蠣とカニがあります。

    牡蠣の身は大きくないものの、価格的に提供してないかと思ってましたのでラッキーでした。

     

     

    こちらは天ぷらです。海老天、野菜の天ぷらがあります。

     

     

    餃子やチャーハンなどの中華料理もあります。

     

     

    サラダ系も充実していました。アメリカでお寿司を食べる人は若者や健康志向の人が多いです。

    中にはヴィーガン(野菜しか口にしない)の人も多いので、様々なニーズに対応しいます。

     

     

    お味噌汁も提供しています。ラスベガス観光でアメリカ食に飽きた時にはぜひ。

     

     

    こちらは手巻き寿司のサービスです。

    食べ放題タイプの寿司屋で手巻きサービスをしているのはラスベガスでは珍しいです。

     

     

    料金が書かれていますが、持ち帰る際の場合なので、ここで追加料金は発生しません。

     

     

    Yellowtailというのは”ハマチ”になります。

     

     

    ラーメン、うどんのサービスもありました。

    ラーメンは醤油か豚骨の2種類。

     

     

    目の前で麺を茹でてくれます。麺はもともと仮でゆでられていて、注文すると1分くらいで出来上がります。

     

     

    私は豚骨ラーメンを注文しました。

    味はまあまあでした。少し量が多いのであえて注文する必要はないです。

     

    うどんはなかなか美味しい具材も沢山のっています。

    麺の量は通常の半分くらいです。

     

     

    デザートメニュー

     

    最後にデザート。マキノはデザートに力を入れています。

    他の食べ放題と比べると、ケーキの大きさが一口サイズになっています。

    まさに日本人向けです。

     

    ちなみにラスベガスにある他の食べ放題は1つ1つが大きすぎて、種類を沢山食べることができません。

    また種類もありきたりなものが多いです。(チーズケーキやチェリーパイなど)

     

     

    正直、味は当たり外れがあります。ティラミスやチーズケーキは美味しかったです。

    一方、コーヒーゼリーはカタすぎました。

     

     

    左奥には派手すぎる色のゼリー。手前はぜんざいになります。

    ラスベガスのあるネバダ州は全米の中でもゼリーの消費量が多いです。

     

     

    美味しそうなカットフルーツも並びます。

    ですがメロンは注意です。日本のような甘さはありません。マキノに限らず、アメリカのスイカやメロンは甘くないです。

    メロンは瓜に近いかんじです。パイナップルは日本で食べているものと変わりません。

     

    ラスベガスマキノのお会計方法

     

    ドリンクの注文が終わると、領収書を渡されます。

    税込み価格ですが、チップが含まれていません。

     

    チップの金額はランチなら合計額から10〜15%

    ディナーは15〜20%を目安に払います。

     

     

     

     

    ラスベガス マキノの総評【お寿司・シーフード食べ放題】

     

    マキノ
    美味しさ:★★★☆☆
    価格:★★★☆☆
    接客:★★★★☆
    量:食べ放題
    店内の落着き度:★★★☆☆
    日本人向け度:★★★★★
    立地性:★☆☆☆☆
    バリアフリー度:★★★★☆
    ラスベガスマニア度:★★★★☆
     
     
     

    〜サービス〜

     
    マキノの店員さんは日本人の方が非常に多いです。
    観光客の方はひと目でわかりますので、日本人の店員さんが注文をとってくれる可能性が高く、英語はあまり必要ないので安心です。
     
    また座席の数が多いため、待ち時間もあまり発生しません。
    JTBやHISなどの大手旅行会社が団体旅行でしようすることも多い人気店です。
     
     
     

    〜味〜

     
    アメリカに来て日本食が恋しくなったら行くべきです。そうすると感動しますし、落ち着きます。
    ストリップのホテルの寿司食べ放題と比べるとクオリティが高いです。
     
     
     
     
    「ストリップの寿司食べ放題はハズレも多いからね〜。」
     
     
     
     

    〜立地性〜

     
    ストリップから離れているため、(車で約15分)Uberやレンタカーが必要です。
    Uberならタクシーよりも安く、快適です。タクシーを使うと帰りに捕まえるのが大変です。
     
     
     

    住所:3965 S. Decatur Blvd., #5, Las Vegas, NV 89103

    営業時間

    <ランチ>月〜木11:30〜14:30、金土日祝11:30〜15:00

    <ディナー>毎日17:30〜21:30

    マキノ公式サイト(日本語)

     

    噴水のあるベラージオホテルから出発した場合の地図です。渋滞していなければ、10分前後で到着します。

    マキノのある場所はショッピングプラザになっており、Smithという大型スーパーが目印です。

    ベラージオからUberやLyftを使うと片道10ドルくらいになります。

     

    「バスで行けないのかな?」

    「バスでも行けるけど、Uberなら1〜4人位までで10ドルだから、一人あたり安くて速いよ。」

     

    ▽ラスベガスでの移動手段に悩まれている方、現地で人気の配車サービスUberを使うとお得で便利です。
    詳しくは以下の記事を読んでみてください。

    Uberウーバーの使い方と注意点!アメリカ・ラスベガス在住の経験者が教えます。

     

    Uber(ウーバー)を使うべき3大メリット

    • タクシーより安く利用できる(距離によってはタクシーの半額)
    • 評価の高いドライバーが来てくれる
    • 決済がラク(アプリで決済。お財布いらず)

    初回最大2000円割引クーポンコード:qybjexzhue

    公式 Uber(ウーバー)を使ってみる

     

     

    スポンサーリンク