こんにちは。マーク(@rasubegasu_)です。

今回は西海岸限定のハンバーガーショップIN-N-OUT BURGERを紹介します。

 

 

 



ニューヨーカーがわざわざ食べにやってくるインアンドアウトバーガーとは

 

 

カリフォルニアを拠点に西海岸中心に展開する人気ハンバーガーショップ、インアンドアウトバーガーIN-N-OUT BURGER

大人気にも関わらず2018年の現在でもオレゴン、カリフォルニア、ネバダ、ユタ、アリゾナ、テキサスと一部地域でのみしかお店を出していません。

 

その理由は創業から続くお店のこだわりです。冷凍食品を一切使わず、フレッシュな食材を選んでいる結果、地域を絞って経営をしているからです。

それが理由でニューヨーカーなど、東海岸に住むアメリカ人も出張や旅行で西海岸を訪れた際にどうしても立ち寄りたいハンバーガーショップなのです。

 

「ちなみに発音をカタカナにするとイネナウトバーガーが近いよ。」

「タイトルは初めての人のためにイン・アンド・アウトにしました。」

 

 

 

 

 

4G回線が業界最安の930円+データ量が完全に無制限!

>>「USデータ」を覗いてみる

 

インアンドアウトバーガー、ラスベガス店の場所

 

(クリックするとグーグルマップが起動します↑)

 

ラスベガスにはいくつかお店がありますが、アクセスで考えると観覧車ハイローラー近くのお店が一番オススメです。

深夜1時までオープンしているのも観光客にとっては嬉しいですね。

 

インアンドアウトバーガーのメニュー

 

限られたメニュー数

 

こちらが店内にあるメニュー表。いたってシンプルw

ちなみに金額は地域店舗によって異なります。

 

日本に住んでいると実感がわかないと思いますが、他のハンバーガーショップと比べると値段が結構安いです。

特にラスベガスのハンバーガーショップは観光地だけあって少し割高です。

 

値段を安く抑えられるのはメニュー数が少なく、食材や調理のコストがかからないからです。

実はこのやり方は創業時のマクドナルドも同じでした。

 

今となってはマクドナルドのメニュー数はかなり増え全く違う経営スタイルになりましたが、

反対にIN-N-OUT BURGERの限られたメニューはライバルとの差別化を果たしています。

 

インアンドアウトバーガーがこだわる厳選された新鮮な食材

 

IN-N-OUT BURGERには冷凍庫や電子レンジはありません。

レタス、トマト、玉ねぎ、じゃがいも、お肉、バンズ、特性ソース全て素材にこだわりって集めた食材です。

遠く離れた地域では食材の品質に影響するため西海岸中心に展開しているといわれています。

 

ハンバーガーもフライドポテトもすべて手作りです。

注文を受けてから作るため少し時間がかかりますが、作りおきをしない徹底したこだわりを持っています。

 

「健康上、普段はハンバーガーを食べない人もIN-N-OUTだけは食べる!という米国人は多いよ。」

 

IN-N-OUT BURGERのメニューはなんと3つしかありません。

その3つとはズバリ、ハンバーガー、チーズバーガー、ダブルダブル(ダブルチーズバーガー 以下ダブルダブル表記)です。

 

ハンバーガー

チーズバーガー

ダブルダブル

 

その他のメニュー

フレンチフライ

冷凍食品を使わず、お店でじゃがいもをカットすることから調理をはじめます。

揚げる油も100%ひまわりオイルを使っています。

 

ファウンテンドリンク

ドリンクのサイズはS,M.L.XLの4種類。

ドリンクはセルフサービスになっており、サーバーでおかわりは自由

 

アメリカ人は退店直前に飲みのものをついでお店を出ていきます。

なのでドリンクのサイズはSサイズで十分です。

 

ドリンクの種類は全部で9種類

  1. コカ・コーラ
  2. ダイエットコーラ
  3. セブンアップ
  4. ルートビア
  5. ドクターペッパー
  6. レモネード
  7. ミニッツメイド・ライト・レモネード
  8. アイスティー
  9. アイスティー(無糖)

 

 

シェイク

IN-N-OUT BURGERのシェイクは粉末などは使わず100%アイスからこだわって作っています。

フレーバーは以下の3種類です。

  • ストロベリーシェイク
  • バニラシェイク
  • チョコレートシェイク

 

ミルク

ミルクはワンサイズのみ。量は250mlほど。

専用ボトルに入っているためカスタマイズで量を変えることはできません。

 

コーヒー

 

 

裏メニュー

IN-N-OUT BURGERにはいろんな食材を組み合わせた裏メニューが多数あります。

カンタンに説明するとカスタマイズメニューの方が意味が近いです。

 

いろんな食材を組み合わせたり、追加したり、抜いたりしています。

アメリカではSecret menuと呼んでいますが、ネット上に多数公開されているため店員はもちろん、

ほとんどのお客さんも知れ渡っているメニューです。

 

ベジーバーガー

これはベジタリアン向けの裏メニュー。お肉パティが入っていません。

 

アニマルスタイルバーガー

刻まれ、きつね色になったタマネギにオリジナルソースがかかったハンバーガー。

オリジナルソースの中身は企業秘密のようですが、サウザンアイランドドレッシングに似ています。

 

フライング・ダッチマン

インパクト絶大なルックス

チーズを2つのパティで挟んだ斬新なメニュー

 

プロテイン・スタイルバーガー

通常バンズで挟むところをレタスで挟んだメニュー。炭水化物を排除した

ダイエット向きバーガー

 

3x3(スリー・バイ・スリー)

ダブルダブルの上をいくトリプルトリプル。

パティとチーズがそれぞれ3枚づつ挟まれています。

読み方はスリー・バイ・スリーです。

 

4x4(フォー・バイ・フォー)

3×3のさらに上、凄まじいカロリーのアメリカ人向けハンバーガー。

パティとチーズが4枚づつ入っています。

 

100×100の超巨大ハンバーガーも!

注:現在注文できるのは4×4までです。この動画は特別に作ってもらったハンバーガーになります。

 

アニマルスタイル・フライズ

刻まれ、きつね色に焼けたタマネギにオリジナルソースをかけたフライドポテト

 

チーズフライ

チェダーチーズをかけたフライドポテト。濃厚なチーズがクセになります。

 

ナポリ風シェイク

正式名称はNeapolitan Shake。

バニラ、チョコ、ストロベリー3つの味を混ぜたシェイク

 

日本ではナポリタンシェイクと呼ばれていますが、

発音はニオポリタン・シェイクの方が近いです。

 

 

 

焼き加減の指定

ハンバーガーパティ、バンズ、フライドポテトの焼き加減を指定できます。

 

裏メニューは果てしない

実はまだまだ裏メニューは多く存在します。あまりマニアックなため店員さんも「?」となってしまうため

今回は広く知れ渡った裏メニューを紹介しました。

 

紹介していないのが気になる!という声が聞こえそうですが、ここまで読んでいただければ食材と食材の組み合わせなので

ガラッと味が変わるものはありません。

 

 

4G回線が業界最安の930円+データ量が完全に無制限!

>>「USデータ」を覗いてみる

 

質の高い接客サービス

 

 

残念ながら一般的にアメリカのファーストフードの店員の接客態度は良いとは言えません。

地域ににも寄りますが、かなりテキトーです。

ですが、IN-N-OUT BURGERの接客は素晴らしいです!とても真剣に応対してくれます。

 

この秘密は徹底した教育と賃金の高さによるものと言われています。

他のファーストフードチェーンと比べるとアルバイトの給料も2割から3割高いと言われています。

 

また教育と給料の高さで仕事にやりがいを持ちやすいため、離職率も低く、長期で働く人が増えるため

接客サービスの質の低下を避けることができます。

 

 

英語で注文してみよう

 

お店の発音

 

タイトルではインアンドアウトバーガーとヒ表記したのですが、アメリカ人はくっつけて”イネナウトバーガー”と発音します。

ですからお店の場所を聞くと時は必ずイネナウトバーガーと発音しましょう。

 

 

必ず聞かれることばオニオン

 

ハンバーガーを注文するときに絶対聞かれる質問があります。

Would you like onions?(タマネギはいかがですか?)

 

タマネギに関する質問をされる理由は好き嫌いが分かれるからです。

通常のハンバーガーを頼むと生のタマネギが挟まれています。

 

生タマネギは癖があるため苦手な人もいます。そこで最初にタマネギの有無を店員は必ず質問します。

 

タマネギを入れてほしい場合は

Yes,please(はい、お願いします。)

 

いらない場合は

No, thank you(いいえ、結構です。)

とシンプルに答えればOKです。

 

「僕は生たまねぎはキライ!口が臭くなるからな〜。」

 

番外編〜グリルドオニオン〜

生タマネギは苦手だけど、焼いたタマネギは好きという方もいると思います。

そんな時はGrilled onion please.(タマネギをグリルしてください。)

 

と、店員に言うと細かく刻み焼いてくれたタマネギをバーガーに挟んでくれます。

 

 

英語で注文〜一連の流れ〜

「Hi, may I help you?」

(いらっしゃいませ)

「well…, Can I have a cheese burger with protein style?」

(ええと、プロテインスタイルのチーズバーガーをください。)

「Would you like onions?」

(タマネギはいかかですか?)

「Yes,please.」

(はい。お願いします。)

「And, can I have an animal style fries extra toast,  small fountain drink.」

(あと、アニマルスタイルのフレンチフライと、ドリンクをSサイズでください。)

「Anything else?」

(他にご注文はありますか?)

「No, I’m ok, thank you.」

(以上です。)

「I’m going to repeat it one more time.」

(注文を確認します。)

「Cheese burger protein style…animal styles french…」

(プロテインスタイルチーズバーガー1つと…アニマルフライズ1つと…)

 

「For here to go?」

(店内で食事されますか、それともお持ち帰りにされますか?)

「For here.」

(店内で食事します。)

「It’s OX dollars.」

(お会計は○☓ドルになります。)

「Thank you.」

 

英語での注文のポイント

 

英語での注文は流れが頭に入っていると、あまり聞き取れなくてもなんとか上手くいくことが多いです。

 

①ハンバーガーを注文した後にタマネギについて聞かれる

②注文が終わったあと、確認のため復唱することがある

③店内か持ち帰りか聞かれる

 

②の注文の確認ですが、これはほぼ毎回と言っていいほど店員がします。

アメリカのファーストフードの注文で確認することはどちらかといえば珍しいです。

日本だと当たり前かもしれませんが、これも彼らにしてみれば注文ミスをしないようにサービスに気をつけています。

 

 

関連グッズ

 

IN-N-OUT BURGERはもはやハンバーガーショップではありません。関連グッズをじゃんじゃん作り一大ブランドビジネス化しています。

メニューは3種類しかないのに、関連グッズはなんと40種類以上もあります。種類の多さから言えば、どちらが本業なのかわからないほど品揃えが多いです。

 

なんとIN-N-OUTビキニまで販売しています。正直誰が買うの?といいたくなるものが沢山あります。

最近は高級路線のアイテムも販売中。

 

 

将来日本にもやってくる?

 

2012年3月27日に4時間限定で原宿にIN-N-OUT BURGERがオープンしました。

前々日まで何も告知がなく、前日の3月27日の新聞広告のみのアナウンスだったようです。

 

実はこのようにプロモーションで一時的にお店をオープンしたことが日本では過去に数回あります。

ですが、現在日本進出は考えていないようです。

 

2020年東京オリンピックに向けて、Shake ShackやCarl’s Jr.は日本上陸を果たしましたが、IN-N-OUT BURGERは日本には来なそうです。

 

 

小ネタ

なんとドリンクカップの裏に暗号が書かれているのです。

JOHN 3:16

こ、これはどういう意味!?

 

実はこれ、聖句のことで、JOHN 3:16というのはヨハネによる福音書3章6節のことなんです。

創業者の信仰観が反映されてのことだそうです。ほとんどの日本人はおそらく気がつかないかと思いますが、

キリスト教国家のアメリカ人にはわかると思います。

 

参考までに

John 3:16
For God so loved the world that He gave His only begotten Son, that
whoever believes in Him should not perish but have everlasting life.

 

ヨハネ3:16
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは
御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

 

Proverbs 3:5

Trust in the Lord with all your heart  and lean not on your own understanding.

箴言(しんげん)3:5

心をつくして主に信頼せよ、自分の知識にたよってはならない。

 

 

HAIL SATAN(悪魔を讃えよ)

ネット上で見かけた記事ですが、最初驚きました。

「悪魔を讃えよ!」こんなブラックユーモアも中にはあるなんて…。

 

でもこれただの「いたずら」なんです。

2015年にfacebook上でIN-N-OUR BURGERがいたずらだとし、正式にプリントしていないと声明を出しています。

 

 

 

  1. とにかく上手くて安い
  2. 素材にこだわり、安心安全
  3. 裏メニューをしっているとさらに楽しい。アメリカには熱狂的ファンが多い

 

こだわり抜いた経営スタイルが長年アメリカ人に愛され、ラスベガス、西海岸に来たら絶対訪れたいハンバーガーショップです。

 
▽ラスベガスではネット環境が必須です。
市内でもグランドキャニオンでもつながるUSデータがおすすめです!

 

 
 
 
アメリカ・ラスベガスでおすすめのレンタルwifi
 
コスパで選ぶのなら「USデータ」がおすすめ!
  • 4G回線が業界最安の930円
  • データが完全無制限

>>「USデータ」を覗いてみる

 

 

こちらの記事も読まれています

ラスベガスで人気!シェイクシャックに行ってみた感想

ラスベガス嵐・松潤が認めた激旨ハンバーガーを食べてみた

スポンサーリンク