こんにちは!

ラスベガス在住のマーク(@rasubegasu_)です。

 

当記事はグランドキャニオンサウスリム個人旅行の方必見のお得情報を紹介します。

 

この記事には以下の内容を紹介しています。
「グランドキャニオンで効率よく買い物をしたい!どこのお店がいいかな?」
「グランドキャニオンでしか手に入らない限定グッズはどこで買えるの?」
「グランドキャニオンでのキャンプに必要な道具が近場にあればいいのに…。」



グランドキャニオンお土産を買うならスーパーがオススメ

グランドキャニオンスーパーがある場所はグランドキャニオンサウスリムの人気観光ポイント、マーサーポイントから車で5分の近場です。
(グーグルマップ上ではマザーポイントと誤表記されていたため、修正しました。)
混載ツアーの場合、スケジュールの関係上立ち寄るのは難しいかもしれません。
個人でレンタカーを使って行く人や、グランドキャニオン園内に宿泊するツアーに申し込んだ方は利用する機会がありますので是非立ち寄って欲しい場所です。



グランドキャニオンスーパーで購入できるもの

グランドキャニオンスーパーで購入できるもの・サービス
  • グランドキャニオンのお土産
  • 生鮮食品
  • 日用雑貨
  • キャンプグッズ
  • デリ
  • 郵便局、Chase銀行※

スーパー、正式名ジェネラルストアは食料品から生活雑貨、キャンプ用品、お土産まで揃う便利なショップです。

観光客だけのために作られたのではなく、グランドキャニオンに住む職員とその家族のためという側面もあります。

 

ちなみにグランドキャニオンで働く職員は通常このスーパーで買い物をし、欲しい物がない場合フラッグスタッフという街に往復3時間車を運転して買い物に行きます。

 

郵便局、Chase銀行はスーパーの隣にあり、それぞれの平日のみ営業です。(営業時間はそれぞれ異なります。)
一般の方も利用できますが、どちらかという職員向けのサービスです。

General Store (スーパー)

営業時間 毎日6:30〜22:00

住所:1 Market Plaza Rd, Grand Canyon Village, AZ 86023

公式サイトvisitgrandcanyon.com(日本語あり)

グランドキャニオンお土産限定グッズ

スーパーにはなんと大手メーカーとの限定コラボグッズが販売されています!
こちらはノースフェイスとのコラボ商品です。
コラボグッズは園内他のお土産店・売店には売っていません。
スーパーのおみやげコーナーのみになります。
スーパー内にはパタゴニアブランドのコーナーもあります。
全パタゴニア商品がコラボ商品というわけではないですが、↑ロゴがすぐにわかりやすい場所にデザインされています。
私が調査したところ、コラボメーカーはノースフェイス、パタゴニア、ナイキの3つです。
他にもぐらんどキャニオンのロゴがはいったお土産がたくさん!
ちなみに写真↑のシャンプーはグランドキャニオン内のロッジの部屋にあるものとまったく同じ製品です。
グランドキャニオンをあしらったビールもあります。右側はホースシューベンドの写真ですね。
どちらも1本1.50ドル。私はお酒を飲まないのですが、飲んだお客様に感想を聞くと黒ビールの味に近いそうです。
ちなみにグランドキャニオンビールはTusayanのジェネラルストアやWilliamsのコンビニ(Love’s Travel Stops)にも販売されています。



通常のお土産

お土産の売り場面積が広いため、アパレルも種類が豊富です。
Tシャツも同じデザインのものが複数店舗にあるわけではないため、都度気に入ったものがあればその場で購入した方がいいです。
こちらはパッケージデザインにこだわった板チョコ。
グランドキャニオンだけでなくホースシューベンド(中央)も写真が使われています。
高品質なペンドルトンの毛布も販売。
季節とは関係なく1年中ペンドルトンコーナーが設けられており、お客様いわく日本で買うよりも全然安いそうです。
子供向けのお土産、ぬいぐるみコーナー。
その公園に生息している動物を中心にラインナップが決まっています。
ですが、なぜかグランドキャニオンにいないはずのクマのぬいぐるみも販売されていました(笑)
立体模型や化学の実験キットもお土産として販売。
あくまで教育目的で自然や化学と関係ないものは販売していないようです。



グランドキャニオンキャンプグッズが買える

アウトドア用品の準備がまったく無くても、店内ですべてそろってしまうような豊富な品揃えです。
↑写真のオスプレーブランドは日本で買うよりも断然安くうっています。
中にはグランドキャニオンとのコラボバッグもあります。
寝袋も吊り下げて販売されていました。種類もいくつかあります。
キャンプ目的の人が寒さなどを理由に買い足すなど現地でも売れるということでしょうか?
ちなみにグランドキャニオンは一番寒い時でー25℃まで下がることがあります。
さすがにこの時期はキャンプはないでしょうけど…。
撮影当日は気温30℃の真夏でしたが、フリーズ素材の長袖も販売していました。
朝晩冷え込むので、準備不足でも上着を調達することができます。
キャンプには欠かせないガスバーナーなどの器具も一式揃います。
そしてこちらもキャンプには欠かせないマシュマロ焼き用の長串です。
40cm以上はある大きなサイズです。
日本から持ってくるのは面倒なので現地調達できるのは嬉しいですね。
マショマロといえばスモア(S’more)
昔からハーシーズがスモアを宣伝していますが、ここでも作り方を紹介しているコーナーがありました。
キャンプに必要な細かい備品まであります。
ラスベガスで買ったほうが安いですが、買い忘れの際はあきらめず店内で商品を探すと見つかるかもしれません。



グランドキャニオンスーパーで買える日本食

日本食には欠かせない醤油がグランドキャニオンでも手に入ります!
繁忙期のツアーで現地の食事を毎日食べているとステーキさえも飽きてきます。
そんな時はツアーガイドの間で醤油をかけて食べることが流行りました。
グランドサークルは食のレパートリーが偏りやすいため日本の調味料は重宝します。
日本では見ないマルちゃんのカップ焼きそば。
日清UFOやペヤングソース焼きそばと比べると、クオリティは落ちますが、アメリカのカップ麺よりだいぶマシです。
こちらもマルちゃんのカップラーメン。
写真はチキントルティーヤ味のため好き嫌い分かれます。日本と同じ感覚で食べるとガッカリするかもしれません。
ということで、日本食はまだまだ少ないです。
スーパーは現地のパークレンジャーが利用します。
パークレンジャーの多くは白人アメリカ人。
日系やアジア系が少ないので、あまり売れず、そのため種類も限られている可能性があります。



グランドキャニオンスーパー内のデリ

スーパーレジ横にはデリが併設されています。
年々増加する観光客に合わせ、店内も最近リニューアルされました。
サンドイッチやピザ、ホットドッグなどが販売されています。
個人的にはスープメニューがオススメです。
お店はスーパーとは違い20:30で営業は終了します。
デリコーナーにはすでに出来上がったサンドイッチも購入できます。
一見美味しそうですが、中身は乾いてパサパサしていることが多いのでできれば列に並んでデリで出来たてを食べることをオススメします。
こちらはスーパーのサンドイッチコーナー。
グランドキャニオンスーパーのオリジナルではなく、アリゾナ州やラスベガスにも卸している一般的なサンドイッチです。
仕事柄すべてのサンドイッチを食べてきました。
ですが特に美味しいわけではないので、スーパー店内で他のものを探したほうがいいです。



グランドキャニオンスーパー内の生鮮食品

標高2000m山奥のスーパーとは思えないほど、野菜や果物が充実しています。
1年中品揃えはほとんど変わらず、冬で大雪が降らない限りいつでも野菜を購入できます。
ペッパー系でもご覧の通り、9種類もあります。
いわゆる根野菜の種類は少なく、日本料理に馴染みのない野菜が多いです。
加工食品コーナー。
ソーセージや出来上がったポテトサラダが売っています。
どれも量が多いです。
日本では一人世帯が増えているので、お惣菜系も一人前が増えてきましたが、アメリカは3人から4人前ほどの量で販売しています。
ステーキ用のお肉も豊富です。
キャンプのBBQはこのスーパーで手に入ります。
450gのステーキが10ドルほどで購入できます。
アメリカは肉が安いです。
サーモンやタラも販売されています。
グランドキャニオンがあるアリゾナ州もネバダ州同様に海に面していません。
こんな山奥でも魚が売っている事自体すごいことです!
生肉、生魚だけでなくすでに出来上がったローストチキンも販売されています。
購入者が少ないため最初から品数は少なめですが、味は美味しいです。
調理の手間が省けるため、グランドキャニオン周辺のホテルに泊まる方には嬉しいサービス。



加工食品

こちらはアメリカ名物、超巨大ピザ。
写真からは伝わらないですが、箱の大きさはタテ40cmを超えます。
冷凍庫のコーナーには他にも沢山のピザが販売されています。
カリフォルニアピザキッチンなど有名レストランの商品も販売されていました。
サイズは日本の宅配ピザのLサイズほどです。
ここまで冷凍ピザを紹介してきましたが、グランドキャニオン園内のホテルには電子レンジがありません。
そのため、冷食を買う方は精肉コーナー裏の電子レンジの利用をオススメします。(じゃないと食べれません)
ちなみにグランドキャニオン園外のツサヤンのホテルに泊まる方は電子レンジのある部屋はあります。
園内に宿泊される方で電子レンジを使いたい場合はサウスリムで唯一このスーパーの精肉コーナー隣にしかレンジは存在しないです。
スナックやクッキーの種類も豊富にあります。
この点は他のスーパーやコンビニと遜色ありません。
改めてアメリカのスナックも量が多く、金額が高いです。
ポテチは一袋で1200kcalほどあり、金額も4ドル前後します。
ワインやビールも充実しています。
地元アリゾナのビールも豊富においてます。日本のビールは残念ながら売っていませんでした。
購入の際は必ず身分証明書(パスポート)が必要になります。
「ということで、知っていて損はないグランドキャニオンスーパーの紹介でした。」
「観光客が多く混雑する、8月〜9月の時期はお土産を買うのも大変です。」
「店内が広く、レジの数も多いスーパーの存在をしっておくと便利です。」
「それと、お客様の中には米国のスーパーの様子がわかって楽しかったという感想をくれた方もいるよ。」

▽グランドキャニオンはネットが繋がりヅライ場所です!

グランドキャニオンでもつながるVerizon電波対応USデータがオススメです。

USデータ(U.S. DATA)のメリット・デメリットをまとめてみた

 
 
 
アメリカ・ラスベガスでおすすめのレンタルwifi
 
コスパで選ぶのなら「USデータ」がおすすめ!
  • 4G回線が業界最安の930円
  • データが完全無制限

>>「USデータ」を覗いてみる

 

 

こちらの記事も読まれています

グランドキャニオンのお土産で大人気!米スタバご当地マグはここで買えます!

どっちがお得?レンタカーでグランドキャニオンV.Sツアーでグランドキャニオン

スポンサーリンク