【転落注意】ホースシューベンド場所と行き方を地元ツアーガイドが解説

こんにちは。

ラスベガス在住のマーク(@rasubegasu_)です。

 

当記事ははじめてホースシューベンドを訪れる方を対象に

観光の仕方と注意点をご紹介します。



ホースシューベンドとは

営業時間:24時間観光可能。ただし日が暮れると灯りなどは一切なし。

入園料

  • オートバイ:5ドル
  • 一般乗用車:10ドル
  • ツアー車両:35ドル〜140ドル(車両の大きさによって)

住所:>>グーグルマップで確認してみる

 

ホースシューベンドとは近年、アンテロープキャニオンと共に人気急上昇している

米国アリゾナ州にある景勝地です。

 

コロラド川が長い年月をかけて岩を削りそのかたちが馬蹄(ホースシュー)に似ていることからホースシューベンド(Horseshoe Bend)という名前が付けられています。

 

今までは誰も管理せず、自由に観光していましたが急激な観光客の増加に合わせアリゾナ州が管理するようになりました。

2018年からは入場料が発生します。

 

ホースシューベンドの場所と行き方

ホースシューベンドはアリゾナ州ページ(Page Arizona)の街外れに位置します。

ラスベガスからは車で片道約5時間かかります。

 

マップアプリで「ホースシューベンド」と検索すると表示されます。

最寄り街のページ(Page)中心地からは車で10分ほどです。

 

ホースシューベンドの観光方法

↑上空からみたホースシューベンドの様子です。

 

コロラド川が馬蹄のかたちそっくりに見えます。

右端の道路から車を停めて、赤いピンのHorseshoe Bendという場所までは徒歩での移動になります。

 

先程の上空写真を拡大したものです。

右下に駐車場があり、車が沢山とまっているのが見えます。

 

ホースシューベンドの景色を観るためには

「出発点」から徒歩でハイキングとなり、小高い丘を登り、下っていかなくてはいけません。

 

片道約1km、往復約2kmの道のりです。

 

丘を上るため、移動時間は往復で30分を目安に確保するといいです。

地図を見ていただくと、“行き”は下りが長く、”帰り”は上りが長いです。

 

つまり帰りの方が歩くのに時間がかかります

昔は全く整備されていないフカフカの砂漠道を歩きましたが、最近では道が固められだいぶ歩きやすくなりました。

 

ですが上空写真からもわかるように最後まで日陰が一切ありません。

真夏の観光では熱中症対策が必要です。

 

 

アメリカで4G回線が業界最安の930円+データ量が完全に無制限!

>>「USデータ」を覗いてみる

 

出発点

道の右側は比較的地面が固く、歩きやすくなっています。

また砂が靴にどうしても入り込むため、足首まであるトレッキングブーツなどがオススメです。

夏場はサンダルでもいいかもしれませんが、周辺に水道はないため足が汚れた場合はウエットティッシュで拭き取るか、ミネラルウォーター等で洗い流すしかありません。

 

丘の頂上

丘の上からも素晴らしい景色です。(残念ながら写真では伝わらないですね。)

頂上に到着しましたが、崖の先端まで行かなければホースシューベンドは見えません。

 

頂上から崖の先(ホースシューベンド)までは常時下り坂です。

そのため足取りは軽く、思ったよりも早く到着できます。

 

御手洗い(Restrooms)

長い間ホースシューベンドにはお手洗いがありませんでした。

2017年駐車場にお手洗いがやっと設置されました。

 

ですが、砂漠の上にあるため水が一切出ません。

1日1回はスタッフが清掃にやってきますが、観光客の利用が多すぎてすぐに汚れてしまいます。

 

特にアメリカの連休シーズンの期間に重なると数日清掃が行われないこともありました。

不衛生なため、車で片道5分圏内周辺のコンビニやスーパー(ウォルマート)でお手洗いを利用されることをおすすめします。

 

iPhoneでも簡単にプロのような写真が取れる方法を紹介

広角レンズやGoProでなくてもiPhoneがあれば誰でも簡単にプロのような写真が撮れます。

それはiPhoneのカメラアプリ「パノラマ」モードで解決します。

 

 

 

コツは撮影画面左端にすべてホースシューベンドが映っていればOK。

右端最後まで撮影すると、余計なものまで移りますので途中でシャッターを切ってください。

 

 

通常撮影とパノラマ撮影を同じ場所から比べてみました。

パノラマ撮影ではキレイにコロラド川が写っています。

(撮影に使った機種はiPhone7です。)

 

最新機種の

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

は超広角カメラ撮影が可能なため

「パノラマ」モードを使わなくても全体を写す美しい写真を撮影できます。

 

ホースシューベンド観光に必要な持ち物、注意点

ホースシューベンド観光を成功させるコツ

  1. 十分な水分補給をこころがける
  2. 体力勝負の真夏は無理をしない
  3. 靴に砂がたくさん入り込んでしまう対策方法

 

 

1. 十分な水分補給をこころがける

ホースシューベンド周辺は砂漠の乾燥地帯です。

そのため季節問わず、観光中は十分な水分補給が必要です。

 

特に入り口にパークレンジャーがいる場合は水の入ったボトルを持っていないと観光を止められることがあります。

 

 

2. 体力勝負の真夏は無理をしない

ホースシューベンドは6月〜9月にかけて35℃以上まで気温が上がります。

普段運動していない方は無理のない範囲で観光しましょう。

 

道中最初から最後まで日陰が0のため、太陽光にあたりどんどん暑さが増し、体感温度は40℃を軽く超えます。

 

3. 靴に大量の砂が入り込んでしまう

砂漠の上をひたすらあるき続けるため通常のスニーカーですと、

靴の中に砂漠の細かい砂が沢山入ってしまいます。

 

細かい砂は靴の中に限らず、靴下の中まで侵入し、非常に不快です。

周辺は水道がないため、ずっと足を洗えないのも気持ちが悪い。

 

対策としては足首まで覆い隠すトレッキングシューズを選ぶといいですが、そうすると荷物が増えかさばります。

 

 

そこで足首までスッポリ隠してくれるシューズカバーがおすすめです。

シューズカバーですと小さいためかさばりません。また使用後は簡単に処分もできます。

ちなみにホースシューベンド周辺のアンテロープキャニオンやモニュメントバレーでも靴が汚れたり、砂が入るため旅行中は非常に重宝するアイテムです。

 

合わせて手を洗いたい時は周りに水道がないため、ウェットティッシュも持っていくと不快な思いをせずにすみます。

 

【注意】毎年ホースシューベンドで転落事故

 

残念ながらホースシューベンドでは毎年のように転落死している方がいます。

 

2018年6月末に一部柵が完成しましたが、あくまで一部です。

崖の先端はもろく、滑りやすいため細心の注意が必要です。

 

 

 

ちなみにコロラド川までの深さはおよそ300mから250mあります。(色んなデータが混在しているため)

以下の動画で転落した方は800フィート(約244)下降に落ちてしまったとのこと。

 

谷底までの深さはおよそ六本木ヒルズの高さと同じくらいです。

この高さから落ちてしまうと誰も助かりません。

 

 

ホースシューベンドよくある質問ベスト5

ホースシューベンドよくある質問

  1. 観光のベストシーズンはいつ?
  2. 悪天候でも観光できるか?
  3. ツアーと個人旅行どちらがいい?
  4. 周辺にお土産屋やレストランはある?
  5. 周辺に観光地はある?

 

 

質問1 観光のベストシーズンはいつ?

 

ベストシーズンは5月の初夏です。

 

気温もそこまで暑くなく、陽が高い位置まで昇るのため、

素晴らしい写真を撮影することができます。

 

6月から9月にかけても良い写真が撮影できますが、

現地の気温が35度以上に達することもあり、たどり着くのに体力が必要です。

 

また冬は観光(ハイキング)しやすいですが、陽が高く昇らないため

ホースシューベンドのどこかに影が入ってしまいます。

 

↑写真は2017年10月に自身で撮影したものです。

空は快晴でも時間帯によっては影が目立ってしまいます。

 

 

質問2 悪天候でも観光できますか?

(↑写真は2月の雪の日卒業旅行でツアーをご案内したお客様)

 

悪天候でも観光することができます。

 

近隣にあるアンテロープキャニオンは鉄砲水によって観光が中止されますが、

ホースシューベンドは地理的に鉄砲水の影響を受けづらいため、一年中観光することができます。

ですが雪の日など(1年を通して滅多にありません。)は霧がかかってしまい谷底までしっかり見えない可能性があります。

 

質問3 ツアーと個人旅行どちらがいいですか?

ツアーか個人旅行で言えば、断然ツアーがおすすめです。

 

と、言いますのもホースシューベンドまで片道約5時間の運転が必要になるからです。

幸いツアーの場合は日帰りや宿泊などホースシューベンドは観光できるパッケージが沢山あります。

 

ホースシューベンドが観光できる日帰りツアー

ホースシューベンド観光できる宿泊ツアー

>>ホースシューベンドのツアーを覗いてみる

 

質問4 周辺にお土産屋やレストランはありますか?

車で10分の場所にページという街があり、そこにレストランやファストフード店があります。

 

ホースシューベンド専門のお土産屋はなく、近隣のコンビニやスーパー(ウォルマート)、グレンキャニオンダムでお土産を購入することができます。

 

 

質問5 周辺に他に観光地はありますか?

観光地車での移動時間
パウエル湖(グレンキャニオンダム)10分
アンテロープキャニオン・アッパー10分
アンテロープキャニオン・ロウワー12分
キャニオンX18分
グランドキャニオン1時間50分
ザイオン1時間50分
モニュメントバレー2時間20分

 

ホースシューベンド周辺には人気の観光地が集結しています。

特にセットで観光すべきはアンテロープキャニオンです。

 

アンテロープキャニオンは必ず予約が必要になります。

事前に個人で旅行するか、ツアーに参加するか下調べをしましょう

https://rasubegasu.com/2019/11/30/u-antelopetours/

 

またラスベガスからレンタカーを借りて行く場合は道中ザイオン国立公園の近くを通ります。

セットで観光しやすい人気観光地です。

 

 

▽レンタルWiFi選びにお困りの方、ホースシューベンドでもつながるレンタルWiFiはUSデータがオススメです!

詳しくは以下の記事を読んでみてください。

アメリカwifiレンタル比較!1番オトクな選び方【ラスベガス】

 
 
 
アメリカ・ラスベガスでおすすめのレンタルwifi
 
コスパで選ぶのなら「USデータ」がおすすめ!
  • 4G回線が業界最安の930円
  • データが完全無制限

>>「USデータ」を覗いてみる

 

 

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク