【死ぬまでに見たい絶景】モニュメントバレーの行き方と観光方法を地元ガイドが紹介

こんにちは!

ラスベガス在住のマーク(@rasubegasu_)です。

 

当記事はモニュメントバレー観光を考えている方に具体的な行き方と観光方法を御紹介します。

 



モニュメントバレーはどこにあるの?

モニュメントバレーの場所

▽米国アリゾナ州とユタ州の境目、先住民ナバホ族居留区内

 

モニュメントバレーはアメリカ、アリゾナ州とユタ州のちょうど境目、ナバホ族というアメリカ先住民の居留区内にあります。

モニュメントバレーから一番近い街はカイエンタ(Kayenta Arizona)です。

 

ナバホ族…?なんだか聞いたことのない部族だけど、大丈夫かな?

日本人には馴染みがないですが、温和な方たちですよ。

 

▽関連記事 ナバホ族とは?

ナバホ族と日本人は先祖がいっしょ!?モニュメントバレーの先住民族

 

モニュメントバレーまでの距離(運転時間・片道)

  • ラスベガス→7〜8時間
  • ロサンゼルス→10時間以上
  • ソルトレイクシティ(ユタ州)→8〜9時間

 

ラスベガスから行く場合は片道7時間〜8時間。

食事休憩やガソリン給油を考えるとはじめての方は8時間かかることを見積もるといいです。

 

モニュメントバレー2つの行き方

モニュメントバレー2つの行き方

  1. 個人でレンタカーを借りる
  2. オプショナルツアーに参加(陸路)
  3. オプショナルツアーに参加(飛行機)

※過去に飛行機のツアーをシーニック航空が催行していましたが現在は終了しています。

 

ラスべガスからモニュメントバレーへ行く方法は2つです。

個人でレンタカーを借りて運転していくか、オプショナルツアーに参加する2通りです。

以下それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

【行き方1】個人でレンタカーを借りる

メリット

  • 自由なスケジュール
  • 費用が安い

デメリット

  • レンタカーで片道7〜8時間の運転
  • 長時間運転になるためドライバー2人以上が望ましい

 

運転が好きで自由に旅をしたい方向きの観光方法です。

時期にもよりますが、レンタカーは1日80ドル前後、ガソリンは往復70ドル前後。

入園料は20ドル〜です。

 

モニュメントバレー観光はラスベガスからモニュメントバレーまでの移動に加え、

現地バレードライブ(砂漠のオフロード)での運転があるため他の自然公園よりもトータルの運転時間は長くなります。

レンタカーの車種はオフロードを走るため、なるべくセダンではなくSUVを選ぶのがオススメです。

 

ラスベガスからモニュメントバレーまでの行き方

ラスベガスからモニュメントバレーまで行き方を7つのステップで解説します。

ラスベガス→モニュメントバレーまで7つのステップ

    1. 高速道路I-15N(北側)に乗る
    2. I-15Nを降りてEXIT16へ
    3. ハリケーン(ユタ州)を通りUT-59に乗る(おすすめ休憩地1)
    4. Fredonia(アリゾナ州)で左折、89Aに乗る
    5. 89A→89、ページ(アリゾナ州)(おすすめ休憩地2)
    6. 98→160
    7. 160→163 モニュメントバレー到着
  1. 高速道路I-15N(北側)に乗る(STEP1/7)
    高速道路ですが、有料区間は一切ありません。
    I-15は必ず北側(ソルトレイクシティ)方面に向かってください


  2. I-15Nを降りてEXIT16へ(STEP2/7)

    16番 出口を Hurricane/Zion National Park 方面の State Hwy 9 に向かって進みます。


  3. ハリケーン(ユタ州)を通りUT-59に乗る(STEP3/7 おすすめ休憩地1)

    16番出口を降りるとしばらく一般道です。
    スピードの出しすぎに注意です。
    ハリケーン(ユタ州)は時差があり、ラスベガスよりも+1時間です。


    ラスベガスからハリケーンまでおよそ2時間。この街でトイレ休憩&ガソリン給油するといいですよ!
  4. Fredonia(アリゾナ州)で左折、89Aに乗る(STEP4/7)

    UT-59からネットのつながりが非常に悪くなります。
    スマホの地図アプリの使い方に注意です。

  5. 89A→89、ページ(アリゾナ州)(STEP5/7 おすすめ休憩地2)

    89Aを道なりに北へ進むとKanabの街中を通ります。
    US-89 S/E 300 Sを右折して89に乗ります。

    あとはひたすら道なりに運転していくと左側にパウエル湖が見えてきます。
    さらに道なりに進むとページ(アリゾナ)の街↓に到着です。

    ハリケーン(ユタ州)からページまで約2時間40分。(写真↑)
    ページ(アリゾナ州)にはレストランや大型スーパーがあるため2回目の休憩地ぴったりの場所です。
    ページはアンテロープキャニオンやホースシューベンドがある街です。モニュメントバレーとセットで観光できるといいですよ!
  6. 98→160(STEP6/7)

    ページを出発し、98号で東へ道なり進みます。
    途中2つに道が別れ、左折し160号に乗ります。




    98号は標高が高く、真冬は雪が少し積もるのでスピードの出しすぎに注意です。
    98号からモニュメントバレーまでの2時間はほぼインターネットがつながりません。

  7. 160→163 モニュメントバレー到着!(STEP7/7)

    160号を道なり進むとモニュメントバレーに最も近い街、カイエンタ(Kayenta Arizona)の街に入ります。



    カイエンタの中心地を運転していき、途中に交差点が出現。左折し163号に乗ります。
    (ページ以来約1時間半ぶりの信号機です。)

    163号をひたすら進むとモニュメントバレーの入り口の岩、エル・キャプテン(写真↑)が姿を表します。
    そのまま道なりに30分ほど運転するとモニュメントバレーに到着です。

    「やっとモニュメントバレーに着いたぞ!」

モニュメントバレー入園ゲート

乗車人数1〜4人まで乗車人数5人〜
一般車両20ドル1人に付き+6ドル
徒歩、自転車、バイク10ドル

 

モニュメントバレーに到着すると入園ゲートが現れます。

最近ではクレジットカードでの支払いに対応していますが、たびたび使えないときもあるため現金を用意しておきましょう。

購入したチケットは入園するたびに必要になります。

 

ちなみにモニュメントバレー国立公園ではなく、ナバホ・トラバイル・パーク(ナバホ族の管轄)のため国立公園年間パスは使用できません。

また早朝や深夜にゲートを通る場合はスタッフがすでに帰宅して誰もいないことがあります。

その場合は入園料を払わなくても大丈夫です。(ナバホ族だけでなく、米国国立公園でもスタッフがいない場合は無料です。)

 

  • 米国17社のレンタカー会社を瞬時に比較
  • 最低価格保証(差額を返金してくれる)
  • 初回利用は5000円OFF!!

公式 イージーレンタカーを覗いてみる

ラスべガス(ネバダ州)とモニュメントバレー(ユタ州)の時差に注意

 

▽ラスベガス(ネバダ州)を基準にした時差の比較▽

ネバダ州を基準にした時差の比較ラスベガス(ネバダ州)アリゾナ州モニュメントバレー(ユタ州)

夏時間

(3月第2日曜日~11月第1日曜日まで)

00+1時間

夏時間以外

(11月第1月曜日~3月第2土曜日まで)

0+1時間+1時間

 

ラスベガスからモニュメントバレーまでの道のりには何度も時差の変更があります。

それは上記ピンクの↑の通り、ユタ州とアリゾナ州を何度も出たり、入ったりしそのたびに時差が1時間生じます。

 

さらにややこしいのは夏時間とそうでない時に時差の違いが出ます。

その理由はアリゾナ州だけ夏時間の仕組みを導入していないからです。

 

▽ラスベガス(ネバダ州)を基準にした時差の比較〜具体例〜▽

ネバダ州を基準にした時差の比較ラスベガス(ネバダ州)アリゾナ州モニュメントバレー(ユタ州)

夏時間

(3月第2日曜日~11月第1日曜日まで)

午前9時午前9時(0)午前10時(+1時間)

夏時間以外

(11月第1月曜日~3月第2土曜日まで)

午前9時午前10時(+1時間)午前10時(+1時間)

道中時差についての注意点

  1. モニュメントバレーはラスベガスよりも1時間時計が進んでいる
  2. ラスベガスからモニュメントバレーまで道のりは州を何度もまたぐため時間がコロコロ変わる

 

結論から申し上げると、道中何度もスマホの時間(ネットがつながる電子機器)が変わります。

またモニュメントバレーはラスベガスよりもページが1時間時計が進んでいます。

 

そのため、モニュメントバレーの日没時間までに間に合わなかった!と、ならないようにご注意ください。

美しい夕日に赤く輝くモニュメントバレーを見るためには日没1時間前には到着していた方がいいです!

 

運転の難易度は?注意すべきこと

運転の難易度は高くありません。道路幅が広く、ほぼ一直線の道が多いためむしろ簡単です。

冬は雪が多少降りますが、積雪は大したことがなく、グランドキャニオンと比べると安全です。

また草木がほとんどない砂漠を移動するため急なシカの飛び出しもありません。

注意点

  1. 車の追い越しに注意
  2. ネットがつながらない区間が多い

    比較的運転しやすい経路ですが、いくつか注意点も紹介します。

    【注意1】車の追い越し

    夏の観光シーズンでは旅行者が増え、車の数も増えます。

    UT-59〜モニュメントバレーまでは一車線のため、車の追い抜き、追い越しがよく発生します。

    バックミラーを確認しながら追い越そうとしているドライバーがいれば素直に道を譲りましょう。

     

    【注意2】ネットがつながらない区間が多い

    UT-59、89、89A〜モニュメントバレーまではほぼインターネットが繋がりません。

    ですが街に近づくと一時的にネットがつながることがあります。

     

    またアメリカで使用するポケットWiFiのキャリアによって電波の繋がり具合に雲泥の差があります。

    おすすめはベライゾンかat&t回線を使用したポケットWiFiです。

    ▽関連記事

    アメリカポケットWiFiの決定版USデータまとめ

    モニュメントバレー日帰り旅行は可能か?

    結論から申し上げますと、モニュメントバレーの日帰り旅行はオススメしません。

    理由は2つです。

     

    1つ目の理由は一番近いラスベガスから出発しても片道7時間〜8時間かかってしまうので、モニュメントバレーでの観光時間を確保することが難しいです。

    2つ目の理由はモニュメントバレーが美しい瞬間の一つに朝日鑑賞があります。

     

    朝日鑑賞はモニュメントバレーに宿泊しないと見れないため、日帰りではなく1泊2日の旅がオススメです。

    ↑の動画は私自らビューホテルの部屋から撮影しました。(日の出1時間前からカメラをセット)

    当時iPhone7のカメラで撮影していますので、最新のスマホをお持ちなら更に美しい絶景動画が誰でもカンタンに撮影できます!

     

    さすがにiPhone7だとなんだか動画の解像度が荒いね。

    モニュメントバレーが一番美しい時間

    • 朝日:(日の出前1時間〜日の出の瞬間)
    • 夕日:(日没前の1時間〜2時間)

     

    モニュメントバレーの朝日を見るためには現地での宿泊が必須条件になります。

    幸いにも最近では質の高いホテルが周辺に増えてきました。

     

    中でもすべての部屋からモニュメントバレーの絶景が一望できるビューホテルは日本人に大変人気があります。

    せっかくモニュメントバレーへ旅行されるのでしたら宿泊とセットで検討されてはいかがでしょうか?

     

    ▽関連記事

    【予約方法を紹介】モニュメントバレービューホテル一生に一度は泊まるべき最高の空間

     

    【行き方2】 オプショナルツアーに参加

    メリット

    • ガイド・運転付き、体力的にラク
    • 他の観光地もセットで周れる
    • 予約の難しいビューホテルに宿泊できる

    デメリット

    費用がかかる

    レンタカーの手配や運転が大変という方はオプショナルツアーがおすすめです。

    デメリットは個人旅行よりも費用がかかりますが、沢山の旅行会社が価格競争を行っているため格安で行けるオプショナルツアーが増えつつあります。

     

    またナバホ族のバレードライブツアーに参加できるメリットや人気のビューホテルに宿泊も可能です。(個人だとなかなか予約が難しい)

     

    オプショナルツアー参加者のレビュー

    実際にオプショナルツアーに参加した方の良いレビューと悪いレビューを抜粋しました。

    レビューしたツアー内容はモニュメントバレーの宿泊ツアー+グランドキャニオン、ホースシューベンド、アンテロープキャニオン付きというものです。

     

     

     

    良いレビュー

    想像以上のホテルに驚き! ★★★★★

    投稿者: ベガース, 2020/01/19

    このツアー高いですよね。自分も躊躇しましたが思い切って予約しました。でも、実際行ってみた正直な感想としては、同じ値段でも絶対にまた行きたいと思うほど素晴らしい内容でした。

    一点だけ注意として、日本人のガイドさんと、ずっと運転してくれるドライバーさん、モニュメントバレーやアンテロープで案内してくれる現地の方それぞれにチップが必要です。

    バス内でみんなチップで生計を立てているので、チップが必要ですよと、わざわざ説明されます。

    正直この点に関しては、このツアーは日本で予約している為、それ込みのお値段にして欲しかったです。

    ガイドの方は日本人の方で、言語については安心です。
    途中の休憩ポイントなどのアナウンスも多少言い間違いもありましたが、しっかり説明してくださり安心感がありました。

    基本このツアーに食事はついていませんが、途中途中で軽食や飲み物が買えるコンビニ的な店に寄ってくれます。

    ただ、最初の出発時の早朝は自分で準備しておいた方が無難かと思います。自分はアールオブサンドイッチを買っていきました。

    あと、ビューホテルの朝食用に途中のコンビニで電子レンジで調理可能なカップラーメンを買いましたが、これは大正解でした!
    冬は本当に極寒なので、朝日を見ながら食べるカップ麺は格別でしたよー!
    ただ、コンビニでは箸やフォークをつけてくれなかった為、割り箸などを持参した方がいいです!
    ホテルの部屋はとても可愛くて、スタバのコーヒーが飲めるセットが置いてあり、飲んでも追加料金は取られませんでした。
    ビューホテルのレストランでの夕食では、ナホバ族の民族料理?のタコスを食べましたが、超絶品でした!!!!

    アメリカの大自然では現実感を全身で感じられる素晴らしいツアーでした。

    友人が希望していたフォレストガンプポイントでは、写真撮影時間が超短い為、事前にポーズなどは決めておいた方がいいと思います!(ベルトラより引用)

     

    悪いレビュー

     

    値段が高い、かな ★★★☆☆

    投稿者: ひとり旅, 2019/12/08

    思ったような内容でした。じゅうぶん楽しかったですが、おひとりさま値段には見合わないかな。カジュアルな2日間で、11万円越えはちょっと高すぎる感じがあります。(ベルトラより引用)

     

    ▽2つのレビューを抜粋したツアー内容はこちら

    >>1泊2日ツアーの詳細を見てみる

     

    ビューホテルに宿泊できるおすすめツアー

    ▽ビューホテル宿泊目的ならこのツアーで決まり!

    西部アメリカ4大絶景

    • モニュメントバレー
    • アンテロープキャニオン
    • グランドキャニオン
    • ホースシューベンド

    を1泊2日で巡る濃密なツアー

    >>1泊2日ツアーの詳細を見てみる

    モニュメントバレーのビューホテルはわずか90部屋しかないため、ビューホテル宿泊確約ツアーも限られています。

    1番参加しやすいツアーは↑上記の1泊2日ツアーです。

     

    モニュメントバレーだけでなく、グランドキャニオン、アンテロープキャニオン、ホースシューベンドなどの人気スポットにも案内してくれます。

    ビューホテル宿泊だけで、250〜300ドル前後するためツアー代は実はリーズナブルです。

     

    ▽ビューホテルに泊まりながら更にセドナにも観光するデラックスツアー

    • 西部アメリカ4大絶景+セドナの欲張りなツアー
    • ビューホテルだけでなくパワースポットセドナにも宿泊できる

    >>2泊3日ツアーの詳細を見てみる

    ビューホテルに宿泊できる2泊3日ツアー

    モニュメントバレー、グランドキャニオン、アンテロープキャニオン、ホースシューベンドに加えセドナにも観光するツアーです。

    2泊3日のうち1泊はグランドキャニオンに宿泊するため、1泊2日では味わえないグランドキャニオンの朝日&夕日を堪能できます。

     

    モニュメントバレー行き方まとめ

    死ぬまでに観たい絶景モニュメントバレー。

    ラスベガスから距離はありますがそれだけのお金や労力を使ってでも見る価値のある場所です。

    絶対後悔はしません。

     

    運転が好きな方は2人以上ドライバーを集めてアメリカ西部の雰囲気を満喫するロードトリップを。

    そうでない方はプロのガイドがベストポイントを案内してくれるオプショナルツアーがオススメです。

     

     
     
    アメリカ・ラスベガスでおすすめのツアー比較サイト
     
    現地ラスベガスツアー比較ならベルトラがおすすめ!
    自由テキスト
    • ラスベガス発の豊富なツアーを掲載(180種類で日本一)
    • JTBやH.I.Sなどの大手から現地旅行会社までカンタン料金比較
    • 早割や2人目無料など、多用な割引プラン

    >>【公式】「ベルトラ」を覗いてみる

     

    こちらの記事も読まれています

    【モニュメントバレー】グールディングスロッジのスウィートに泊まってみた

    モニュメントバレー映画史上最も愛された絶景ロケ地の名作まとめ

     

     

    スポンサーリンク